任意保険料のシミュレーションでお悩み解決

任意保険に初めて加入するとき、また任意保険の見直しをするときなど、補償内容について迷ってしまうことがあります。

「対物補償を無制限でなく3千万円にしたら保険料の節約になるのでは?」「対人賠償の限度額はいくらにすればいいのだろうか?」「車両保険に免責金額を付ければどれくらいの節約になるのだろう」等々、実際に保険料を比べてみたくなる疑問点が任意保険では結構多く出てくるものです。

そこで、任意保険でポイントとなる補償内容や加入条件の違いによる保険料の違いを徹底的に比較しまくってみました。

長い記事になりますが、意外な結果、驚きの結果がたくさん待っていますよ。


対物補償の上限額「無制限」と「2千万円」とで比較してみる

任意保険の対物賠償について、1,000万円とか2,000万円という限度額で契約されている方も多いようです。

「事故の相手が高級車でも2,000万円もあれば足りるだろう」とか「軽自動車だから大きな事故にはならない」などその考え方は様々でしょう。

確かに対物賠償金額の平均は数十万円ほどというデータもあって、確率から言えば数千万とか億単位の高額な賠償金額が発生する事故が多くはないようです。

でも、万が一のときに備えるのが保険です。

確立が低いということは絶対に無いということではありません。

物損事故の損害額が年々高額になっているのも事実です。

例えば高額なバスとの事故。観光バスは普通のタイプでも4,000万円~5,000万円、ロイヤルサルーンカーのようなタイプになると1億円にもなるそうです。

限度額「無制限」と限度額「2千万円」との保険料の比較

では、対物補償の限度額を「無制限」にしたときと「2千万円」にしたときとの保険料を実際に比べてみましょう。

NTTifの見積り比較サイトを利用して比較してみました。

           <対物:2千万円> <対物 : 無制限>  <差額>

    SBI損保    19,360円      19,790円    430円

    三井ダイレクト  19,970円      20,490円    520円

    アクサ損保    22,640円      23,110円    470円

    ソニー損保    31,580円      32,210円    630円

    損保ジャパン   34,640円      35,370円    730円

    三井住友海上   38,640円      39,320円    680円

※見積もり条件
スズキ スイフトスポーツ 年齢:30歳 等級:12等級 免許証の色:ブルー免許 運転者限定:本人限定 主たる用途:日常・レジャー 走行距離:8,000km


比較してみて驚きましたが、なんと「対物:無制限」と「対物:2千万円」の保険料の違いは、どの保険会社も800円未満の差です。

試しに「対物:1千万円」でも同じ比較をしてみましたが、各社とも1,000円未満の差額でした。

つまり「対物:2千万円」を「対物:無制限」にするには、年間たった400円から700円程度の保険料の増で済んでしまいます。

言い換えれば、対物:無制限を対物:2千万円にして保険料を節約したつもりでも、節約額は年間1,000円にもならないということになります。

たった1,000円未満を惜しんで恐ろしいリスクを負うのか?

対物補償の限度額を無制限にしていない場合のリスクは、調べてみると恐ろしいものがあります。

仮に限度額を超える事故があった場合、保険会社は限度額を超える部分の損害については示談交渉に責任を持てません。

契約者が自分で弁護士をたてるなどして相手方と交渉しなければなりません。

限度額を超える金額の負担に、弁護士費用の負担、精神的負担なども加わり、大変な打撃になることでしょう。

年間1,000円にもならない保険料を惜しんでこのような怖いリスクを抱えるのは賢明ではありません。

各保険会社とも「対物:無制限」をおススメにしているのはこういうことだったのかと納得です。

対物補償の限度額は、迷わず「無制限」にしましょう。

※対物賠償保険に関する参考記事はコチラ

対物賠償を無制限にする理由とは?

対物賠償「無制限」は軽自動車の場合も必要なのか?

軽の任意保険で最低限必要な補償とは


人身傷害保険の限度額の違いによる保険料を比較してみた

人身傷害保険の最大のメリットは、契約者の過失分もカバーできることです。

示談が成立していなくても、本人の過失分も含めた実際の損害額が限度額の範囲内で補償されるというありがたい補償です。

任意保険の契約者の8割近くの人がこの人身傷害保険に加入し、さらに増える傾向にあるということです。

任意保険に欠かせない補償となった人身傷害保険ですが、その限度額はいくらにすればいいのでしょうか?

人身傷害保険の限度額は最低が3千万円、1千万円刻みで2億円まで増やすことができ、それ以上は無制限となります。

保険会社のおすすめや標準タイプでは、3千万円や5千万になっている例が多いのですが、果たして人身傷害の限度額はいくらにすれば安心なのでしょうか。

限度額は高ければ高いほど安心度は増しますが、当然ながら保険料負担との兼ね合いになって来ます。

人身傷害:3千万円と人身傷害:5千万円、1億円との比較

人身障害の限度額の違いによる保険料の差を3,000万円と5,000万円で比較してみました。

・「人身傷害:3千万円」と「人身傷害:5千万円」との保険料の差額

          <人身傷害:3千万円><同:5千万円> <差額>

    SBI損保    19,790円    20,070円   280円

    三井ダイレクト  20,490円    21,530円  1,040円

    アクサ損保    23,110円    23,420円   310円

    ソニー損保    32,210円    33,150円   940円

    損保ジャパン   35,370円    36,690円  1,320円

    三井住友海上   39,320円    42,660円  3,340円

※見積もり条件
スズキ スイフトスポーツ 年齢:30歳 等級:12等級 免許証の色:ブルー免許 運転者限定:本人限定 主たる用途:日常・レジャー 走行距離:8,000
対人:無制限 対物:無制限 搭乗者傷害:なし 車両保険:なし


思ったより差額は大きくなく、通販型だと500円未満の保険料追加で5千万円にできるところもあります。

同じく3,000万円と1億円で比較してみました。

・「人身傷害:3千万円」と「人身傷害:1億円」との保険料の差額

          <人身傷害:3千万円><同:1億円> <差額>

    SBI損保    19,790円    20,160円   370円

    三井ダイレクト  20,490円    22,490円  2,000円

    アクサ損保    23,110円    23,520円   410円

    ソニー損保    32,210円    35,490円  3,280円

    損保ジャパン   35,370円    38,370円  3,000円

    三井住友海上   39,320円    49,270円  9,950円


本当に意外な結果ですが、保険会社によっては1,000円足らずの保険料追加によって、限度額3千万円を5千万円、1億円にできることがわかります。

保険会社を選び限度額は5千万円にしておきたい

上の比較から、通販型、代理店型も1,000円程度の保険料追加で限度額を5千万円にできることが分かりました。

この結果から見ると、人身傷害の限度額は最低額の3千万円にこだわらないで、1,000円程度の保険料増を覚悟して最低でも5千万円にしておいた方が賢明だという気がします。

5千万円であれば、損害額1億円もあり得る契約者死亡の最悪ケースでも過失割合50%までは人身傷害保険でカバーできるという見当も付けられます。

<損害額1億円>←<過失割合50%の相手方から5千万円>+<人身傷害補償 5千万円>

※人身傷害保険に関する参考記事はコチラ

任意保険の基礎~人身傷害保険

人身障害保険の付け方

車が2台になる時の任意保険の注意点


搭乗者障害保険を付けると保険料はどの位上がるのか?

搭乗者傷害保険も人身傷害保険と同じように、事故の時の運転車本人、家族、家族以外の同乗者のケガなどを補償するものです。

後から出てきた人身障害保険の方が補償が手厚いことから、搭乗者傷害保険はすっかり影が薄くなり、「人身障害を付ければ搭乗者障害は要らない」という方が主流になっています。

搭乗者障害を人身傷害とセットにするメリット

でも、人身障害に加えて搭乗者障害を付けるメリットが全くないわけではありません。

人身障害保険は、実際の損害額が確定してからでないと保険金が支払われないため、当面の入院費用などの支払いに間に合わない場合もあり得ます。

定額の補償である搭乗者傷害保険はケガの部位や症状が分かるだけで保険金が支払われるます。

搭乗者傷害保険には、このように事故後の入院や通院に必要な当面の費用に保険金を充てられるえるというメリットがあります。

搭乗者障害と人身傷害をセットで加入することを勧める保険会社がまだあるのも、搭乗者障害にこのメリットがあるからだと思います。

人身障害に加えて搭乗者障害を付けるかどうかは、このような当座の支払いにどこまで備えるのかという判断になります。

人身障害に搭乗者障害を付け加える時の保険料を調べてみた

人身障害だけの場合と、人身障害と搭乗者障害がセットの場合の保険料の違いを比べてみました。

        <人身傷害だけ> <+搭乗者障害:1千万円>  <差額>

    SBI損保     19,790円       21,760円     1,970円

    三井ダイレクト   20,490円       21,790円     1,300円

    アクサダイレクト  23,110円       24,760円     1,650円

    ソニー損保     32,210円       34,220円     2,010円

    損保ジャパン    35,370円       37,550円     2,180円

※見積もり条件
スズキ スイフトスポーツ 年齢:30歳 等級:12等級 免許証の色:ブルー免許 運転者限定:本人限定 主たる用途:日常・レジャー 走行距離:8,000
対人:無制限 対物:無制限 人身障害:3,000万円 車両保険:なし


三井ダイレクトが差額1,300円と一番安くなっていますが、それ以外では、1千万円の搭乗者障害保険を付けるにはほぼ2,000円前後の保険料追加が必要になります。

搭乗者障害保険は人身障害保険の上乗せのようなものです。

これを付けるかどうかはそれぞれの方の考え方によるでしょう。

つけるとしても、事故後すぐに必要な支払いへの備えと割り切れば、限度額1千万円で十分という気がします。

※搭乗者障害保険に関する参考記事はコチラ

軽自動車任意保険の種類

軽自動車の任意保険を安くするポイント

任意保険の人身障害は画期的な補償


年齢条件による保険料の違いを比較してみた

生命保険は年齢が若い人ほど安く加入できますが、任意保険の場合は事故率データなどの統計から若年層ほどリスクが高いため、若い人ほど保険料が高くなるようになっています。

このような年齢層の違いによるリスクの違いを、任意保険各社では「年齢条件」によって保険料に反映させています。

年齢条件の区分は、各社とも「年齢問わず補償」「21歳以上補償」「26歳以上補償」「30歳以上補償」「35歳以上補償」などとなっています。(一部「35歳以上補償」の区分がない保険会社もある。)

年齢条件の違いによる保険料の差額

この年齢条件の違いによる保険料の違いはどの程度になるのでしょうか。

いくつかの保険会社の見積もりサイトで試算してみました。

※見積もり条件
スズキ スイフトスポーツ 等級:12等級 免許証の色:ブルー免許 運転者限定:なし 主たる用途:日常・レジャー 走行距離:8,000
対人:無制限 対物:無制限 人身障害:3,000万円 車両保険:なし

・イーデザイン損保

             <保 険 料>  <一つ上との差額>  <年齢問わず補償との差額>

    年齢問わず補償    68,970円         -           -

    21歳以上補償     41,310円      27,660円        27,660円

    26歳以上補償     35,170円      6,140円        33,800円

    30歳以上補償     32,760円      2,410円        36,210円


・ソニー損保

             <保 険 料>  <一つ上との差額>  <年齢問わず補償との差額>

    年齢問わず補償    81,530円         -           -

    21歳以上補償     47,420円      34,110円        34,110円

    26歳以上補償     36,540円      10,880円        44,990円

    30歳以上補償     35,040円      1,500円        46,490円

もう1社、年齢条件が35歳以上まである三井ダイレクトも確認してみました。


・三井ダイレクト

             <保 険 料>  <一つ上との差額>  <年齢問わず補償との差額>

    年齢問わず補償    65,610円          -           -

    21歳以上補償     38,720円       26,890円        26,890円

    26歳以上補償     28,490円       10,230円        37,120円

    30歳以上補償     27,490円       1,000円        38,120円

    35歳以上補償     27,130円        360円        38,480円


ごらんのように、年齢条件の設定による保険料の違いは「21歳以上補償」で最も大きく、次が「26歳以上補償」となっています。

「30歳以上補償」となるとグッと保険料の安くなる幅が小さくなります。

「年齢問わず補償」から「21歳以上限定」になるとほぼ4割ほど保険料がやすくなり、「26歳以上限定」になると「年齢問わず補償」の場合の半額以下になることがわかります。

誕生日が来て21歳や26歳になったら、任意保険の年齢条件の変更を絶対に忘れてはいけないですね。

年齢条件は保険期間の途中でも変更でき、保険料が年額一括払いの場合でも安くなった分が返金されます。

また、これを逆に見ると、子供が運転免許を取り1台の車を家族で運転する場合は、年齢条件を一番若い子供に合わせることになって、保険料が大幅にアップしてしまうことになります。

「子供特約」のある保険会社であれば特約によって年齢条件を変えなくて済みますので、そのような場合は子供特約のある保険会社に切り替えた方がいいのかもしれません。

「30歳以上補償」から「35歳以上補償」になった場合の保険料の下がり具合も見たくて三井ダイレクトの見積もりもしてみたのですが、結果はご覧のとおり360円とたいした差にはなりませんでした。

30歳以上になると事故発生率はほぼ横ばいになるということなのでしょう。

「35歳以上補償」の区分を設けていない保険会社が多いのも納得です。


運転者の限定による保険料の違いを比較してみた

任意保険では、契約車両を運転する人を「本人だけ」「夫婦だけ」「家族だけ」のように特定の人に限定することができます。

運転者を限定すると、限定無しの場合に比べて補償を行う範囲が小さくなり保険料が安くなります。

例えば運転者を「夫婦限定」にすると、夫婦以外の人の運転による事故は補償対象外になりますので、事故のリスクが小さくなり保険料も安くなります。

補償の対象になる人が少なくなればなるほど、事故発生の可能性が低くなり保険料が安くなるという仕組です。

運転者限定の仕方は各社ともほぼ次のようになっていますが、保険会社によっては「夫婦限定」を選べない場合もあります。

<限定タイプ>     <運転できる人>

運転者限定なし     契約者本人、同居親族はもちろん、別居の親戚、友人、知人誰でもOK

家族限定        契約者本人、同居親戚、別居の未婚の子

夫婦限定        契約者本人とその配偶者

本人限定        契約者本人のみ


運転者限定の違いによる保険料の差額

運転者を限定しない場合に比べて、各タイプの運転者限定を行った場合の保険料はどの程度安くなるのか、保険会社の見積もりサイトを利用して比較してみました。

・イーデザイン損保

              <保 険 料>  <一つ上との差額>   <限定なしとの差額>

    運転者限定なし     68,970円         -          -

    家族限定        67,210円      1,760円        1,760円

    夫婦限定        66,050円      1,160円        2,920円

    本人限定        63,710円      2,340円        5,260円

・ソニー損保

              <保 険 料>  <一つ上との差額>   <限定なしとの差額>

    運転者限定なし     35,040円         -          -

    家族限定        34,070円       970円         970円

    夫婦限定        32,680円      1,390円        2,360円

    本人限定        32,050円       630円        2,990円

※見積もり条件
スズキ スイフトスポーツ 等級:12等級 免許証の色:ブルー免許 年齢条件:年齢問わず補償 主たる用途:日常・レジャー 走行距離:8,000km
対人:無制限 対物:無制限 人身障害:3,000万円 車両保険:なし


このように実際に比較してみると、運転者の限定による保険料が安くなる度合いは年齢条件ほどではないことがわかります。

かといって、その差額自体は無視できる金額ではなく、運転者の限定も任意保険節約のポイントの一つであることがわかります。


車両保険のタイプの違いと免責の有無による保険料の違いの比較

任意保険の他の補償と違い、車両保険の場合は損害の上限額を予測することができます。

例えば、車の時価が100万円であれば100万円を超える損害額になることはありません。

任意保険を見積もる場合でも、年式などによって補償の限度額が決められることになっています。

その金額を自前で何とかするという場合は車両保険をつける必要がありません。

車が新しく時価が高い、ローンが残っているなどという場合は車両保険でいざという場合に備えることになるでしょう。

車両保険は任意保険の中で最も保険料が高くなる補償ですので、十分な検討が必要です。

車両保険にはエコノミーなタイプがある

車両保険には補償範囲により「一般」と「エコノミー+A」「エコノミー」の3種類があります。

各タイプの補償内容の違いは次のようになっています。

                <一般> <エコノミー+A> <エコノミー>

    自損事故・転落・転倒     ○      ×        ×

    他車との事故        ○      ○        ○

    当て逃げ          ○      ×        ×

    盗難            ○      ○        ×

    台風・洪水、火災・爆発    ○      ○        ×

    落書き・いたずら      ○      ○        ×


「エコノミー」は他車との事故しか補償対象になりませんので、現実には「一般タイプ」、「エコノミー+A」の二つから選ぶことになります。

交通事故などによる大きな損害以外は自費でなんとかするという場合はエコノミー+Aで十分だということになります。

また、車両保険では、例えば5万円までは自費で修理するというように、自分で負担する金額の上限である「免責金額」を設定することができます。

キズや凹みなどの修理は自前でするが、負担の大きい盗難や全損の場合は保険でカバーしたいという場合は、免責金額を高めに設定すれば保険料が節約できます。

実際に車両保険の保険料を比較してみた。

一般タイプとエコノミー+Aとの保険料比較

まずは、フルカバーの「一般タイプ」と「エコノミー+A」との保険料の比較です。

           <車両保険なし> <一般タイプ> <エコノミー+A> <保険料の違い>

  アクサダイレクト   23,110円    54,730円    38,440円     16,290円

  ○○○○○ホーム   31,060円    66,380円    52,150円     14,230円

  損保ジャパン     35,370円    85,750円    58,980円     26,770円

  三井住友海上     39,320円    93,470円    64,120円     29,350円

※見積もり条件
スズキ スイフトスポーツ 年齢:30歳 等級:12等級 免許証の色:ブルー免許 運転者限定:本人限定 主たる用途:日常・レジャー 走行距離:8,000
対人:無制限 対物:無制限 人身障害:3,000万円 車両保険の保険金額:125万円


やはり車両保険は保険料が高いことがわかります。

一般タイプを選べば、どの保険会社も保険料が2倍以上になってしまいます。

コンパクトカーのスイフト、保険金額125万円の車両保険でこの値段ですから、価格の高い高級車などでは車両保険の負担がとても大きくなってしまうことが推測できます。

車両保険のタイプを「エコノミー+A」にすれば保険料のアップを66%前後に抑えることができます。

「免責:0」と「免責:5万円」との保険料比較

次に免責金額を5万円にすると、更にどの程度保険料が安くなるかを「エコノミー+A」の場合で比較してみました。

              <免責なし> <免責:5万円>  <保険料の違い>

    アクサダイレクト   38,440円    34,790円     3,650円

    ○○○○○ホーム   52,150円    47,940円     4,210円

    損保ジャパン     58,980円    53,360円     5,620円

    三井住友海上     64,120円    58,040円     6,080円


この比較から見ると、エコノミー+Aを選んで免責金額を5万円にすれば、通販型で11,680円(アクサダイレクト)、16,880円(○○○○○ホーム)と1万円台の車両保険にできることがわかります。

一般型から自損事故、当て逃げでの補償をはずしただけの内容でここまで保険料を節約できるのですから、「エコノミー+A 免責金額あり」はとてもリーズナブルな選択と言えそうです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

保険料の違いを比較してみたいことはまだまだありますが、あまりに長文の記事になってしまうので、特集の第一弾としてはこれくらいにしておきましょう。

今回のように任意保険のシミュレーションのようなことをやってみると、本当に色んなことが見えてきます。

本当に車の任意保険の勉強になりました。

各社を一括比較できるというのが自動車保険一括見積りの目的ですが、むしろ、このような条件変更による保険料比較の方が実利的で役に立つ使い方のような気がしてきました。

任意保険の補償内容などで迷いや疑問があったら、ぜひ一度一括見積りでシミュレートしてみることをおススメします。


※軽自動車の保険料比較に関する参考記事はコチラ

各社の任意保険料の比較例

軽自動車の任意保険を比較するお手軽な方法

軽自動車の任意保険が高い

任意保険の一番安いところを選ぶ

このページの先頭へ

inserted by FC2 system inserted by FC2 system