">" 車両保険

軽自動車の車両保険はエコノミータイプがおススメ

軽の新車を購入すると、ディーラーが勧めて来る任意保険には十中八九車両保険が付けられていて、しかもその車両保険のタイプは「一般タイプ」になっていると思います。

「一般タイプ」の車両保険というのは完全カバータイプとも言われ、自損事故や当て逃げも含めたほぼすべての損害が補償対象になるもので、「エコノミータイプ」と言うのは一般タイプの補償から自損事故と当て逃げを除いたものが補償範囲になるというタイプの車両保険です。

当然ながら保険料は補償範囲が限定されるエコノミータイプより一般タイプの方が大分高くなります。

さてこのサイトのテーマのように、軽自動車にふさわしいリーズナブルな任意保険にしたいと思う場合、どちらのタイプの車両保険を選べば良いのかということになります。

もちろんエコノミータイプにすれば保険料は間違いなく安くなるのですが、軽自動車の場合にエコノミータイプの車両保険で大丈夫なのかということですね。

結論を言うと、軽自動車に限らず一定の割り切りを行えば、車両保険はエコノミータイプで十分なのではないかと思います。

一定の割り切りと言うのは、10万円程度までの修理は保険でなく自前で行うという腹を決め、車両保険に10万円の免責金額を設定するということです。

実はこの10万円の免責設定というのが重要なポイントで、10万円以下の修理で保険を使うと等級ダウンによる保険料アップの影響額が10万円を超えることになるため、保険を使うとトータルでは損をしてしまうことになるからです。

例えば数万円の修理を任意保険で行おうとすると、ディーラーから「保険を使うと翌年以降の保険料がそれ以上高くなってしまいますから保険を使わない方が良いですよ」と言われることになると思います。

詳しい方の話によると保険を使っても損にならない境界線は10万円を越えているそうですから、少なくとも10万円までは自前で修理すると腹を決めた方が良いのです。

何のための車両保険なんだと言いたくなりますが、2013年からのペナルティー強化で現実にそうなっているのですから文句を言ってもしょうがありません。

本題に戻りますが、そう腹を決めると、エコノミータイプで補償対象外である「当て逃げ」は自然とその腹決めの範囲内のことになってしまいます。

相手のわからない「当て逃げ」というのは、現実には駐車場内で当てられたり擦られたりする10万円未満の損害がほとんどですから。

言い換えれば一般タイプの車両保険にしても修理費10万円未満の当て逃げには事実上保険を使えないということですね。

さて残るは「自損事故」ですが、これは自分の心がけ、努力でかなり何とかなる部分ではないでしょうか。

「自損事故は保険対象外」ということが頭に入っていれば、いつも緊張感のある運転になり、かえって安全意識の向上につながるかもしれません。

このように整理してみれば、軽自動車の車両保険はエコノミータイプでも充分にリスクをカバーできるということが分かると思います。

しかも上で述べた‘割り切り‘により免責を設定すれば、更に保険料を安くすることが出来ます。

ディーラーが車両保険の一般型を勧める時にこのようなことはほとんど説明してくれないと思います。

保険料4万円の一般タイプの成約手数料が8千円、保険料2万円のエコノミータイプの成約手数料が4千円なら、当然ディーラーとしては実入りの多い一般タイプを勧めるでしょう。

それがビジネスというものです。

そしてもっと良いのは、ディーラーおススメの任意保険は遠慮し、無料一括見積りなどで自分で安い自動車保険を探して加入することです。

そうすれば車両保険だけでなく、全体の保険料が驚くほど安くなること請け合いです。


※軽自動車の車両保険に関する参考記事はコチラ

軽自動車の任意保険 車両保険はどうする?

任意保険の車両保険は免責金額がポイント

軽自動車の車両保険のお悩み解決

このページの先頭へ

inserted by FC2 system