">" 人身傷害保険~自分のケガ等のために不可欠!

他人の車を運転中や歩行中の交通事故も補償対象となるのが特徴

車の任意保険での補償内容については、

・相手方の損害の補償 ・・・対人賠償保険、対物賠償保険

・運転者側の損害の補償・・・人身障害保険(ケガ等)、車両保険(車両)

というのが基本的なパターンとして定着していますが、このように人身傷害保険は自分の側のケガなどのための補償として欠かせないものになっています。

ところが、人身傷害保険は比較的新しく登場した補償であり、一頃まで運転者側の補償としては搭乗者障害保険しかありませんんでした。

搭乗者障害保険は定額の補償、あるいは上限のある補償であるため、実際の損害額に見合う充分な補償がなされないケースがたくさんあったと言われています。

搭乗者障害のこのような欠点などを踏まえて開発され登場した人身障害保険は、「完全カバータイプ」と呼ばれ、契約者や家族などの損害額が実額で補償される保険となっています。

人身障害保険のメリット

人身障害保険のメリットをまとめてみると次のようになります。

■実際の損害額に応じて補償される

事故による実際の損害金額を基に保険金が支払われ、ケガの場合の入通院費、入通院のための諸雑費も補償されますし、仕事を休んでしまったことによる休業損害や精神的損害まで考慮して保険金が支払われます。

■示談成立前でも過失割合に関係なく実際の損害額が補償される

ケガなどの損害額が確定すれば、示談成立前でも保険会社の立て替えにより損害額の全額が補償されます。過失割合が決まれば保険会社が立て替えた相手方の過失分を請求することになります。

■歩行中の自動車事故でも補償される

「運転中のみ補償」を選べば別ですが、通常タイプの人身傷害保険では歩行中や自転車に乗っていて、車やバイクに轢かれてしまった場合や、他人の車に搭乗中の事故でケガ・死亡してしまったような場合にも補償されます。

いかがでしょうか。さすが「完全カバー」と言うだけあって万全の補償内容ですね。

人身障害保険は東京海上が開発して発売を始めたそうですが、このように優れた内容の補償であるため瞬く間に他社へ広がり、今では通販型であろうが代理店型であろうがどの保険会社でもこの人身障害保険を付けられるようになっています。

人身傷害保険が登場してからは、レンタカー会社なども搭乗者障害から人身障害に切り替えているといわれます。

このように自分の側のケガなどの補償については人身障害保険がすっかりスタンダードになりました。

旧来の搭乗者傷害保険も決して出番がなくなったわけではない

しかし、かといって従来タイプの搭乗者障害保険が姿を消したかといえば、そうはなっていません。

各保険会社とも、人身障害を主力としながらも従来からの搭乗者障害も選べるようにしている所がほとんどです。

中には人身障害と搭乗者障害をセットにしておすすめプランにしている場合もあります。

それは、搭乗者障害を上乗せした場合もそれなりのメリットがあるからだと考えられます。

例えば、損害額が確定する前に(つまり人身障害の方の支払い額が決まる前に)病院から費用の請求があった場合などはつなぎの資金として使えるので大変助かるでしょう。

搭乗者傷害はケガの症状が確定した時点で保険金が支払われるからです。

でも基本的には、人身障害補償さえ付けていれば搭乗者障害補償の方は「無いよりはあった方がいい」ということで、無ければ本当に困るということにはならないと思います。

人身障害は損害額の実額ベースでの補償なので、損害額が確定しないと保険金も確定しませんが、搭乗者障害は定額あるいは限度額内の保険金ですから、ケガの部位等が判明し次第すぐに保険金の支払いが可能となります。

このように保険金支払いのスピードの早いことが搭乗者傷害保険のメリットといえばメリットなのですが、入院や通院など何かと費用のかかる段階では、人身障害の保険金が出るまでの繋ぎとして搭乗者障害にも十分な存在意義があるのかもしれません。

まあでも、通常であれば人身障害保険を付帯すれば敢えて搭乗者傷害保険を追加しなくても困ることはないと考えて良いと思います。


このページの先頭へ

inserted by FC2 system