">" 対物賠償も無制限が安心

対物事故での過去最高の損害額は2億6千万円

対物賠償保険というのは、文字通り車による物損事故の損害を賠償するための保険です。

近年ではこの対物賠償の限度額も対人賠償と同様に「無制限」を標準にする保険会社が多くなりました。

かつては「高級な外車と事故ってもせいぜい1,000万円もあれば大丈夫だろう」などというような考え方で限度額を1千万円とか2千万円とかにするケースも少なくなかったようですが、最近ではこの程度の限度額では大きなリスクが残ってしまうということのようです。

実際には車による物損事故の損害額はどうなっているのかをざっと調べてみたら、過去最高額はなんと2億6千万円というケースが見つかりました。

荷主から輸送を依頼された呉服、洋服、毛皮などを積んだトラックが、高速を走行中に前の車に追突して中央分離帯に乗り上げた後にガードレールを破って対向車線に飛び出して横転、炎上して車両と積荷を焼失した事故だそうです。

荷主から損害額4億円の賠償を求められそうですが、荷主が運送会社に積荷価格を申告しなかったので50%の過失相殺となり、2億6千万円の損害額認定となったそうです。

もし自分の車が絡んでこのような事故が起こったら、相手の過失が大きかったとしても億単位の損害賠償額になりかねません。

積荷の価格が4億円なら自分の過失が30パーセント未満でも1億円を越えてしまいます。

現実にこのような物損事故がいくつも起こっているのですから、上限額がたった1千万円や2千万円の対物賠償ではとても大きなリスクを残したままになってしまいます。

このようなリスクが残るのでは、せっかくの対物賠償保険もその存在価値が半減してしまいます。

現在でも保険会社によっては対物賠償の限度額の設定に「1千万円」とか「3千万円」とかの選択肢が残っている自動車保険もありますが、そのような選択肢には眼もくれず、ぜひ「無制限」を選択するようにしてください。

■無制限を1千万円にしても節約額は1,000円にもならない

対物賠償の限度額を無制限にすることをおススメするもう一つの理由は、無制限を1千万円にしても年間保険料の節約額は1,000円にもならないということです。

一括見積りを行った時に一度「限度額:1千万円」と「限度額:無制限」の保険料の違いをシミュレーションしてみたことがありますが、差額が一番大きい保険会社でも900円程度、小さい保険会社では500円程度にしかなりませんでした。

年間1,000円にもならない保険料の節約のために上で述べたようなリスクを残してしまうのは、決して賢い節約とはいえないのではないでしょうか。

逆に言えば、年間たった1,000円足らずの保険料の追加で対物賠償の限度額1千万円を無制限に出来るのですから、これは大変費用対効果の高い保険料追加だということになります。

各保険会社とも最近では対物:無制限がスタンダードなおススメとなっていて、「対人、対物:無制限」が一つの合言葉のようになっていますが、この合言葉に素直に乗って対物事故のリスクも消しておくというのが賢明だと思います。


※対物賠償保険に関する参考記事はコチラ

対物賠償を無制限にする理由とは?

対物賠償「無制限」は軽自動車の場合も必要なのか?

軽の任意保険で最低限必要な補償とは

このページの先頭へ

inserted by FC2 system