">" 対人賠償保険は相手方への賠償/限度額は無制限が常識

対人賠償保険の保険金の支払い対象はあくまでも「他人」

自動車保険の中の補償のひとつである「対人賠償保険」とはどういうものなのかについて紹介してみましょう。

対人賠償保険は、その名のとおり、相手の車に乗っていいる人、歩行者、同乗者など「他人」を死亡、または負傷させて法律上の損害賠償責任を負った場合、自賠責保険から支払われる保険金額をオーバーする部分について保険金が支払われるというものです。

対物賠償保険と並んで車の任意保険の中心的な柱となる補償で、自賠責保険(上限:3千万円)で賄えない部分を賄うことのできるこの対人賠償のあることが車の任意保険の存在意義だといっても過言ではありません。

自賠責保険の支払い限度額は、死亡事故の場合は被害者1名あたり3000万円、重度後遺障害の場合は同じく4000万円、ケガの場合は同じく120万円と決められています。

ところが、死亡事故や重傷事故になった場合はこれらの限度額をはるかに超える億単位の賠償額になることもあります。

仮に任意保険の対人賠償保険に加入していないと、自賠責による補償額を超えた金額は全額加害者本人が払わなければなりません。

例えば対人賠償保険無しで死亡事故を起こし、1億円の損害賠償請求が発生した場合、自賠責保険で3000万円までは支払可能としても、残りの7000万円は支払えるでしょうか。

身近なところでも実例がありましたが、加害者がこの保険に加入していなかったため、賠償が充分に行われず、被害者本人はもちろんですが、加害者も大きい苦しみを背負うことになるでしょう。

このように対人賠償保険は自動車保険の中でもっとも重要な保険だといって良く、車を運転するなら誰でも不可欠の保険であるといえるでしょう。

現在ではこの対人賠償保険の補償限度額を「無制限」にすることが普通になっていますが、このことも対人賠償保険の重要さを物語っています。

対人賠償保険の注意点

対人賠償保険の保険金支払いの対象になるのは、あくまで「他人」です。

「他人」とは、被保険者(保険の対象となる人)以外の人のことで、被保険者自身は対人賠償保険の対象になりません。

また、被保険者の配偶者や子供も対人賠償保険の対象外になるケースもあるので注意が必要です。

例えば、妻と子供が同乗している車で単独事故を起こした場合、自分(被保険者)と妻、子供がケガをしても、いずれも対人賠償保険の支払い対象にはならないということになります。

このような場合をカバーするのが自損事故保険(対人賠償保険に自動付帯される)、人身障害保険だということになります。

人身障害保険が登場する前は、自分側のケガなどの損害に関する保障は搭乗者傷害保険という不十分な補償しか無かったのですが、現在では人身障害保険をつけることによって家族も含めた自分側の損害がほぼ完全にカバーされるようになっています。

このような基本的な補償内容の仕組みは代理店型、格安の通販型を問わず、各社共通のものとなっていますので、例えば「保険料が安いから人身障害の補償が薄くなるのではないか」などといった心配はありません。

なお繰り返しになってしつこいようですが、このような重要な補償ですので限度額はくれぐれも「無制限」にすることを忘れないようにしていただきたいと思います。


このページの先頭へ

inserted by FC2 system