">" 自賠責保険

自賠責保険は被害者を補償するための強制保険

車の免許を取得してすぐに、車を購入したという方も多いと思います。

自分もそうでしたが、やはり免許を取得すると「すぐにでも、運転したい」と言う気持ちになるのは当然で、免許取得後すぐに車屋さんで多少ぶっつけても気にならない中古車を購入したという話を身近なところでも良く聞きます。

初めて車を購入する場合はほとんどのことが初体験で分からないため、必要な手続き等もほぼディーラーのスタッフの方に言われるままにするのが普通です。

ですから、そのような段階では、車の保険もディーラー任せにするのがほとんどで、「どういった保険に加入しているのか」も良く分からないというのがほとんどなのではないでしょうか。

任意保険については、代理店でもある車販売店から勧誘の説明があるのである程度の認識はあるかもしれませんが、義務加入の自賠責保険については具体的にどんな保険なのかも良く分かっていない場合も多いのかもしれません。

このような自賠責保険、実は事故が起きるとまず第一に(任意保険の前に)補償などが適用される重要な保険なのですが。

そこで、改めてこの「自賠責保険」について、ご紹介してみましょう。

自賠責保険と言われて、どういった保険か、すぐこたえられるでしょうか。

一度でも事故などで自賠責保険を使ったことがある人ならすぐ分かるでしょうが、そうでないとなかなか具体的なことはこたえられないのが実情だと思います。

「任意」保険に対して「強制」保険という言い方がありますが、自賠責保険は、車を所有する場合誰でも必ず強制的に加入しなければならない強制保険です。

この自賠責保険に加入していない車は、本来道路を走ることは出来ません。

自賠責保険はどのような内容の保険かというと、万が一事故を起こしてしまい、誰かに怪我をさせてしまったり、後遺症などが残ってしまった場合、死亡させてしまった場合に適用される保険となっています。

ポイントは、あくまでも自賠責保険は交通事故の被害者のためにかけられる保険だということです。

自賠責保険に加入していれば、万が一怪我をさせてしまった場合には、120万円まで。後遺障害が残ってしまった場合には、4,000万円まで、死亡させてしまった場合には、3,000万円までの補償が行われることになります。

このように補償の上限額が頭打ちであるため、たとえば5,000万円とか1億円とかの補償が必要な場合は自賠責保険だけでは全額を賄うことができないことになります。

このように自賠責保険では賄えない部分に対応するのが任意保険だというわけです。

また上記のように、自賠責保険は被害者のためだけの保険ですから、自分のケガや車の損害などは補償対象になりません。

任意保険にはこのような運転者側の損害についても保証を行うメニュー(人身障害、車両保険など)も用意されています。

自賠責保険の保険料は軽自動車の場合で年額(12ヶ月)16,350円で、車検の時に2年分の27,840円が支払われることになります。

<まとめ>

自賠責保険は法令で加入義務が定められている強制保険であり、車の所有者は誰でも加入しなければなりませんが、この自賠責保険だけで事故の場合の補償額をすべて賄うのは困難です。

自賠責保険の不足分をカバーするため、また運転者側の損害をカバーするためには、任意保険への加入も必要です。

自賠責保険だけでの運転は非常にリスクが大きく、自賠責保険と任意保険セットによって、いざというときに安心な補償を準備することが出来ます。


※自賠責保険に関する参考記事はコチラ

軽自動車の自賠責保険は安くない

軽自動車の維持費のメリットを検証してみる

===========================================================
軽自動車の任意保険を各社比較で選ぶ トップページへ軽自動車の任意保険について基本から確認したい方、安くて安心な保険を選びたい方はトップページから詳細を確認してみてください。オススメの任意保険比較サイトも紹介しています。
===========================================================

このページの先頭へ

inserted by FC2 system