">" 任意保険の補償の基礎知識

任意保険の補償内容の基本的なことについて解説

任意保険の補償は整理して考えればそれほど複雑ではないのですが、初めて用語などに触れる方などにとっては、専門用語や専門的な言葉の使い方などは大変特殊で分かりにくいものと感じるかもしれません。

このサブカテゴリーでは、用語辞典のような役割も兼ねて、任意保険の補償内容の基本的な事柄について、入門的な解説を試みてみました。

内訳としては次のような記事を用意してありますので、気になるところからご覧いただければよろしいかと思います。


<この特集の記事>

対人賠償は相手方の賠償/限度は無制限が常識

自動車保険の中の補償のひとつである「対人賠償保険」とはどういうものなのかについて紹介してみましょう。
対人賠償保険は、その名のとおり、相手の車に乗っていいる人、歩行者、同乗者など「他人」を死亡、または負傷させて法律上の損害賠償責任を負った場合、自賠責保険から支払われる保険金額をオーバーする部分について保険金が支払われるというものです。
自賠責保険の支払い限度額は、死亡事故の場合は被害者1名あたり3000万円、重度後遺障害の場合は同じく4000万円、ケガの場合は同じく120万円と決められています。

                            ・続きを読む・・・

--------------------------------------------------------------------------------

対物賠償も現在では無制限が一般的

対物賠償保険というのは、文字通り車による物損事故の損害を賠償するための保険です。
近年ではこの対物賠償の限度額も対人賠償と同様に「無制限」を標準にする保険会社が多くなりました。
かつては「高級な外車と事故ってもせいぜい1,000万円もあれば大丈夫だろう」などというような考え方で限度額を1千万円とか2千万円とかにするケースも少なくなかったようですが、最近ではこの程度の限度額では大きなリスクが残ってしまうということのようです。
実際には車による物損事故の損害額はどうなっているのかをざっと調べてみたら、過去最高額はなんと2億6千万円というケースが見つかりました。

                            ・続きを読む・・・

--------------------------------------------------------------------------------

人身傷害保険~自分のケガ等のために不可欠!

車の任意保険での補償内容については、
・相手方の損害の補償 ・・・対人賠償保険、対物賠償保険
・運転者側の損害の補償・・・人身障害保険(ケガ等)、車両保険(車両)
というのが基本的なパターンとして定着していますが、このように人身傷害保険は自分の側のケガなどのための補償として欠かせないものになっています。
ところが、人身傷害保険は比較的新しく登場した補償であり、一頃まで運転者側の補償としては搭乗者障害保険しかありませんんでした。

                            ・続きを読む・・・

--------------------------------------------------------------------------------

過失割合の認定と人身傷害補償保険

自動車事故の場合、追突事故など「もらい事故」以外の事故、つまり動いているもの同士の事故では、ほとんどの場合で当事者の双方に過失割合が生じます。
自動車事故の過失割合の認定は、道路交通法等の規定の優先関係、遵守事項などにより、事故の一つひとつごとに行われますが、紛争を速く適正に解決するために、最近では、日弁連交通事故相談センターの過失割合認定基準表など、各種基準を基にした認定も行われるようになっています。
認定された過失割合に応じて賠償額が相殺(減額)されるのが過失相殺であり、自動車保険での補償額に大きく影響してきます。

                            ・続きを読む・・・

--------------------------------------------------------------------------------

車両保険はエコノミー型がおススメ

軽の新車を購入すると、ディーラーが勧めて来る任意保険には十中八九車両保険が付けられていて、しかもその車両保険のタイプは「一般タイプ」になっていると思います。
「一般タイプ」の車両保険というのは完全カバータイプとも言われ、自損事故や当て逃げも含めたほぼすべての損害が補償対象になるもので、「エコノミータイプ」と言うのは一般タイプの補償から自損事故と当て逃げを除いたものが補償範囲になるというタイプの車両保険です。
当然ながら保険料は補償範囲が限定されるエコノミータイプより一般タイプの方が大分高くなります。

                            ・続きを読む・・・

--------------------------------------------------------------------------------

軽自動車の任意保険「免責」とは何か

■すべての場合に補償が行われるわけではない
任意保険での免責とは、簡単に言うと、保険会社が保険金を支払わなくてよい場合のことです。
たとえば医療保険の場合、医療費の全部が補償されるのではなく、入院や手術などは補償されるが通院は補償されないというのが普通です。

                            ・続きを読む・・・

--------------------------------------------------------------------------------

弁護士費用特約でもらい事故に備える

今の自動車保険は示談代行型と言って例えば車対車の事故であれば、双方の保険会社が示談交渉等を本人に代わって行うことになります。
このタイプの自動車保険の発売に当たって損保協会と日弁連との協議が行われ、保険会社が損害賠償金の支払者になり事故の当事者となる場合に限り、弁護士資格のない保険会社の人でも示談交渉を行うことが出来ることとされました。
ですから契約者の過失がゼロのいわゆる「もらい事故」の場合は、どんなに損害が大きくても保険会社は当事者になれず、示談代行も出来ないことになります。

                            ・続きを読む・・・

--------------------------------------------------------------------------------

自賠責保険についても知っておこう!

車の免許を取得してすぐに、車を購入したという方も多いと思います。 自分もそうでしたが、やはり免許を取得すると「すぐにでも、運転したい」と言う気持ちになるのは当然で、免許取得後すぐに車屋さんで多少ぶっつけても気にならない中古車を購入したという話を身近なところでも良く聞きます。 初めて車を購入する場合はほとんどのことが初体験で分からないため、必要な手続き等もほぼディーラーのスタッフの方に言われるままにするのが普通です。 ですから、そのような段階では、車の保険もディーラー任せにするのがほとんどで、「どういった保険に加入しているのか」も良く分からないというのがほとんどなのではないでしょうか。

                            ・続きを読む・・・

--------------------------------------------------------------------------------


このページの先頭へ

inserted by FC2 system