9割近くの人が満足しているロードサービス

ソニー損保はその名のとおりソニーグループの損害保険会社で、1999年に免許を取得して営業を開始していますから、国内損保の通販型では最も早く販売された通販型自動車保険です。

通販型の先発会社だけに、テレビCMにも出てくるように通販型自動車保険のトップシェアを続けている損保会社です。

そのロードサービスのメニューもなかなかの内容で、チューリッヒやアクサダイレクトなどロードサービスを売りにしている外資軽損保と比べても見劣りしないようなレベルのものになっています。

ソニー損保では、ロードサービスを「車へのサポート」と「人へのサポート」の二つに分けて説明しています。

まずはそのメニューを見てみましょう。

<車へのサポート>

・バッテリー上がり

・キー綴じ込み

・タイヤパンク(スペアタイヤ交換)

・ガス欠時のガソリン補給(1年目:ガソリン代実費、2年目:10リットルまで無料)

・レッカー移動(50kmまで無料、指定修理工場までなら無制限で無料)

・オイル、冷却水補給、バルブ交換(オイル代、冷却水、バルブ代:無料は2年目以降)

修理後搬送費用(距離の制限なく無料)

脱輪・落輪引上げ(タイヤ1本分まで無料)

<人へのサポート>

帰宅費用(金額、距離に制限なく補償)

目的地到着費用(金額、距離に制限なく補償)

レンタカー費用(24時間まで。乗り捨て、自宅への交通費も補償)

宿泊費用(定員数以内は上限無しで補償)


ガソリン代、オイル代、バルブ代等の無料が2年目以降からなのがチューリッヒから見ればちょっと見劣りするのですが、帰宅費用、宿泊費用などに上限がないなど全体としてみれば最高レベルのロードサービスになっているといっていいでしょう。

ソニー損保の公式サイトでは、事故時も含めたロードサービス利用体験者81,259人の評価、評判を取り上げていますが、「とても満足」(10点満点の9点~10点)が57,840件で71.2%、「満足」(10点満点の7点~8点)が13,851件で17.0%となっており、両者を合わせると88.2%と9割近くの人が満足しているという結果になっています。

その一つ一つを見ていくと、例えば、

「初めて利用させていただきました。最初の受付担当された方、手配等の担当をされた方どちらも感じが良く、搬送後から手元に戻るまでのサービス内容の説明もしてくださり安心感がありました。 」(北海道 | 女性 | 50代 )

「 初めてロードサービスをつかわせていただきました。テレビのコマーシャル等でみていましたが、とても助かり感謝しました。同じ会社の人達もコマーシャルほんとなんだね?と感心していました。ありがとうございました。」(北海道 | 女性 | 70代)

といったような感謝のコメントが続々とでてきます。

困った時に一度でもロードサービスを経験すると、想像以上にそのあり難さが分かるようですね。

逆に「不満」「とても不満」とした人たちのコメントを見ると、到着時間が遅いとか現場スタッフの接遇の悪さが不満の原因になっていることが分かります。

ソニー損保公式サイトのこの部分を拾い読みするだけで、経験のない人でもロードサービスの実態が手に取るように分かるのではないでしょうか。

このロードサービスも「通販型売上ナンバーワン」に貢献していることは間違いないようです。


※この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます。

「業界最高レベル」のロードサービス~チューリッヒ

イーデザイン損保のロードサービス

三井ダイレクトのロードサービス

今人気の任意保険をレビュー~ソニー損保

===========================================================
軽自動車の任意保険を各社比較で選ぶ トップページへ軽自動車の任意保険について基本から確認したい方、安くて安心な保険を選びたい方はトップページから詳細を確認してみてください。オススメの任意保険比較サイトも紹介しています。
===========================================================

このページの先頭へ

inserted by FC2 system