サービスを充実すれば更に保険料が高くなるというジレンマ

任意保険の無料付帯サービスとしてのロードサービスは、保険自由化を契機に登場した通販型(ダイレクト系)自動車保険が先鞭をつけたものです。

自由化後、外資系通販型損保だけでなく新たに参入した国内損保の通販型でも次々とこの無料ロードサービスを目玉として取り入れたことから、従来の代理店型各社も通販型への対抗上、徐々にではありますがロードサービスを拡充してきています。

でも代理店型の場合は、構造的に通販型に充分対応できるロードサービスの提供がむずかしいという問題があります。

通販型の場合は、中間経費である代理店手数料の省略などで、充実したロードサービスを取り入れてもまだまだ余力を持って代理店型に対する保険料の競争力を保つことができるのですが、

代理店型の場合は、通販型並みのロードサービスを採り入れると、もともと高い保険料が更に高くなってしまうからです。

かといってロードサービス無しでは、保険料、付帯サービスの両面で通販型に及ばないということになってしまいます。

そこで代理店型各社は、一応通販型各社並みのメニューは揃えるが、これを特約などの扱いにして外面を取り繕うといった方向になってきているといっていいでしょう。

東京海上日動のロードアシスト(車両搬送費用補償特約およびサービス)や、あいおいニッセイ同和の帰宅経費、宿泊経費などのオプション契約などが、その例だと思います。

したがって、代理店型各社のロードサービスは、通販型各社に比べると総じてそのレベルは低いものとなっています。

中間コスト省略のおかげで充実のロードサービスを盛り込んでも余裕で代理店型より保険料を安くできる通販型(ダイレクト系)各社。

一方で、通販型と対抗したいがロードサービスを充実させるとますます保険料が高くなり競争力が減じてしまうというジレンマの代理店型各社。

このような通販型各社と代理店型各社の構図は構造的なものに起因しているのでこれからも続くことでしょう。

ですから、ロードサービスを自動車保険の一つと期待して保険選びをするのであれば、代理店型は避けたほうが賢明だと思います。

ましてやロードサービス重視で保険選びをするのであれば、絶対に通販型の各社の中からレベルの高いところを選んだ方が良いと考えます。


思い起こせば、チューリッヒ、アクサダイレクト、ソニー損保、三井ダイレクトなど通販型各社が見たことも無いロードサービスを引っさげてダイレクト自動車保険を販売し始めた頃は、従来タイプの代理店型各社の自動車保にはロードサービスなど無きに等しい状態でした。

その後の代理店型各社のがんばりで今では「代理店型にもロードサービスはある」と言えるような状況になりましたが、その差は上で述べたような事情もあって縮まることはあり得ません。

ロードサービスが気になる方なら、自動車保険選びは通販型しか選択肢はありません 。


※この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます。

任意保険のロードサービスは活用しないともったいない

AIUの自動車保険~真の顧客本位とは?

===========================================================
軽自動車の任意保険を各社比較で選ぶ トップページへ軽自動車の任意保険について基本から確認したい方、安くて安心な保険を選びたい方はトップページから詳細を確認してみてください。オススメの任意保険比較サイトも紹介しています。
===========================================================

このページの先頭へ

inserted by FC2 system