プロのFP20人中12人が通販型任意保険に加入中

ネットで自動車保険の各種ランキングを探していたら、ちょっと変ったランキングが見つかりました。

保険に詳しいプロのFP(ファイナンシャルプランナー)は、自分の車の任意保険として実際にどの保険に加入しているのか、その加入者数の多い順に順位をつけるというランキングです。

ファイナンシャルプランナーといえば金融や保険のプロと言っていい資格を持つ人たちであり、その人たちが実際に加入している自動車保険というのは、プロの御めがねにかなった優秀な保険ではないかという視点に立ったランキングです。

「紺屋の白袴」とか「医者の不養生」という言葉もありますが、自腹を切る自分の車の保険なら専門知識を生かして安心できるきちんとした任意保険を選ぶだろうというわけです。

早速2016年版の結果を見てみましょう。


■プロFP20人が実際に加入中!自動車保険人気ランキング2016

第1位 東京海上グループのイーデザイン損保         3名加入中

第1位 三井ダイレクト損保の「総合自動車保険」       3名加入中

第3位 ソニー損保の自動車保険               2名加入中

第3位 セゾン自動車火災の「おとなの自動車保険」      2名加入中

第3位 SBI損保の「個人総合自動車保険」         2名加入中

第6位 東京海上日動「トータルアシスト自動車保険」     1名加入中

第6位 東京海上日動「超保険(新総合保険)」        1名加入中

第6位 あいおいニッセイ同和損保「タフ・クルマの保険」   1名加入中

第6位 あいおいニッセイ同和「タフビズ事業用自動車総合保険」 1 名加入中

第6位 損保ジャパン日本興亜「個人用自動車総合保険」     1 名加入中

第6位 アメリカンホーム「ファミリー自動車総合保険」     1 名加入中

第6位 セコム損保の「安心マイカー保険」           1 名加入中

第6位 全労済の「マイカー共済」               1 名加入中

           計                 20名

 

調査対象となったFPの人数があまり多くないため、同率同順位の多いランキングになっていますが、全体の傾向は充分つかむことが出来ます。

まず通販型、代理店型の別に見れば、通販型任意保険に加入中のFPが13名で20人の過半数を上回っていて、率にすれば65%の加入率となります。

なるほどと思わされるのは、同率1位となった2社がいずれも長い実績を持つ代理店型大手損保(東京海上日動、三井住友海上)をバックとした通販型任意保険であることです。

代理店型大手のノウハウ・マンパワーを背景にした事故対応のクオリティーが期待できるということなのでしょう。

このような観点から、グループ会社という括りで加入者数を見ると、東京海上日動グループの加入者数が5名となり、圧倒的1位となります。

また、この結果から分かることは、保険のプロのFPでさえも、通販型自動車保険に加入することに何の不安も抱いていないということです。

プロを自認し、当然ながら各社の評判、口コミなども承知しての自動車保険加入でしょうから、事故対応や保険金支払いなどに少しでも不安要素があれば加入対象から弾かれるのが普通でしょう。

ところが、20人のうち65パーセントに当たる13人ものFPが保険料の安い通販型に実際に加入しているのです。

これは何を物語るかといえば、ネットなどでよく言われる「安かろう、悪かろう」などという「うわさ」はほとんど根拠のないデマのようなものであり、私たち素人でも安心して保険料の安い任意保険を選んでいいのだということです。

保険料を安くしたいのなら、安心して通販型を選んで大丈夫だということなのです。

===========================================================
軽自動車の任意保険を各社比較で選ぶ トップページへ軽自動車の任意保険について基本から確認したい方、安くて安心な保険を選びたい方はトップページから詳細を確認してみてください。オススメの任意保険比較サイトも紹介しています。
===========================================================

このページの先頭へ

inserted by FC2 system