むしろ代理店型の方に大きい落とし穴があるのではないか

代理店関係者の方がネットのQ&Aで通販型の任意保険を非難する時の言い方の一つに、

「安さに惹かれて通販型に加入すると落とし穴に嵌る」

というのがあります。

具体的にいくつか引用してみると、

「安さだけに惹かれて加入すると思わぬ落とし穴に嵌る事もあるのが通販です。」
「・・・貴方程度の知識で加入する人が落とし穴にはまるのです。」
「保険料だけで自動車保険を判断していると、いつか痛い目にあいます。」
「保険の事を分かっていないのに、通販型保険は危険ですよ。」
「いざ、事故を起こした時『この保険では使えません。』となるかもしれませんよ。」
「ザルの保険に加入していて万一補償が漏れてる内容の事故だったら『無保険』と変わりません。」

等々、あの手この手で通販型がまさにボロクソに言われていますが、要するに、通販型の任意保険には代理店型にはない「落とし穴」があって、保険の知識がないとそれに嵌ってしまうという主張です。

ではこの落とし穴とは一体何のことなのかについてネットを調べても、具体的なコメントはなかなか見つけることができません。

一つだけ「通販型は個人賠償責任特約が弱い保険会社がある」という指摘を見つけましたが、果たしてこれが「落とし穴」といえるものなのでしょうか。

個人賠償責任特約というのは、自動車事故以外の日常生活の事故によって契約者や家族が他人をケガさせたり他人の財物に損害を与えた場合をカバーする特約であって、何も自動車保険でなければ付帯できないというものではないのです。

むしろ「なぜ車の保険に日常生活の事故のための特約を付けなればならないの?」といぶかしく思う方が多いのではないでしょうか。

そりゃ付ければ付けたで安心感は増すでしょうが、自動車事故の補償として欠かせないものでありこれが無いと「落とし穴」に嵌るというような性格のものではありません。

しからば、これも良く言われる「事故を起こすと翌年から契約を拒否される」というのが「落とし穴」だというのでしょうか。

これについては別ページで検証しましたが、短期間に事故が続いて等級が低くなったりすれば継続が難しくなるのは、何も通販型に限った話ではありません。

一度でも事故を起こせば継続加入を拒否されるような言い方をされることが多いのですが、ネットを探せば事故を起こしてからも同じ通販型の任意保険を継続している方の例はいくらでも見ることができます。

補償内容に落とし穴があると言うのでしょうか。

数年前、ムーヴ(軽)の任意保険をそれまでの代理店型から通販型に切り替えましたが、その際「対人:無制限、対物:無制限、人身傷害:5千万円、弁護士費用特約、車両保険:なし」という補償内容は全く変えませんでした。

補償内容を全くいじらずに日本興亜損保からSBI損保に切り替えたのですが、これでSBI損保の補償に「落とし穴」ができたというのなら、もともと代理店型の日本興亜損保の補償にも「落とし穴」があったことになってしまいます。

事故対応をとってみても、保険会社社員が事故処理を行うのは通販型でも代理店型でも全く同じことですし、代理店の事故対応は違法(非弁行為)として保険会社から固く禁じられているのですから、通販型にしかない「落とし穴」など考えられません。

こうして検証してみれば見るほど、通販型は「落とし穴」に嵌るという非難は根拠のない言いがかりにしか思えなくなってきます。

言いがかりというよりも「脅し」といった方がいいのでしょうか。

質問掲示板に質問してくるような素人の人に「通販型には落とし穴がある」と言って脅して自分たちの代理店型の方に引き寄せようとしているようにしか見えません。

むしろ、逆に代理店型の方が「落とし穴」のリスクが大きいのではないかという例を二つ挙げてみましょう。

一つは、片手間の副業代理店やレベルの低い専業代理店の問題です。

日本の代理店は副業代理店や弱小の専業代理店が全体の9割を占めると言われますが、専業の代理店の方々が良く言うように「副業代理店、弱小代理店などはマージンを取るだけのトンネル代理店」だとしたら、トンネル代理店だらけの代理店型自動車保険の方こそマージンぼったくりの「落とし穴」だらけなのではないでしょうか。

何しろ代理店型自動車保険は、9割にも昇る副業代理店等で加入する人が遥かに多く、割高な保険料に見合う真のプロ代理店での加入者は少数派なのですから。

専業のプロ代理店の方々が「自動車保険は代理店選びが重要」「頼りになる専業代理店を選びなさい」と強調すればするほど、「代理店型は落とし穴だらけですよ」と自ら喧伝していることになります。

もう一つ、

2005年から続いた自動車保険を中心とする保険金不払い事件では、総額380億円にも昇る不払い額のほとんどが代理店型各社によるものでした。

悪質だとして金融庁から「業務停止命令」の処分を受けた8社もすべて代理店型の大手損保でした。

保険金の不払いなんてまともな保険会社ならあってはならない契約違反で、他のことがどれほど優れていても言い訳にならない致命的な不祥事です。

「代理店ならいざという時のアドバイスができます。」と言って保険料の2割ともいわれるマージンを受けていながら、この醜態は一体どういうことなのでしょうか。

つい最近の2014年2月にも、代理店型最大手の東京海上日動の保険金不払いが更に14万5000件も判明し、永野社長の会見がテレビで放映されていました。

こういうことこそ本当の「落とし穴」と言うのではないでしょうか。

===========================================================
軽自動車の任意保険を各社比較で選ぶ トップページへ軽自動車の任意保険について基本から確認したい方、安くて安心な保険を選びたい方はトップページから詳細を確認してみてください。オススメの任意保険比較サイトも紹介しています。
===========================================================

このページの先頭へ

inserted by FC2 system