対物賠償の限度額をケチるのは愚かな節約である

この頃の任意保険では、対人、対物とも「無制限」というのが当たり前のようになってしまいました。

各保険会社がおすすめの標準プランでも、ほとんど対人、対物とも無制限になっているようです。

対物賠償の無制限というのは直感的にその必要性を理解できますが、対物賠償の場合は「人ではなく車が相手なのだから1千万円もあれば大丈夫ではないか」と考える方もいるかも知れません。

かく言う私も全労災のマイカー共済の頃は対物を無制限でなく1千万円にしていました。

現在はこれから説明する理由で無制限にしていますが、この対物賠償の限度額を「無制限」にした方がいい理由は二つあると思います。


一つ目の理由~どんな損害が発生するかわからない

一つ目の理由は、車の事故というのはどんな損害が発生するのか予測できないということです。

対物事故の相手を車だけに限定できれば限度額を無制限にする必要はないかもしれませんが、事故で発生する可能性のある損害は車だけに限りません。

たとえば人を避けようとして高級店舗に突っ込むこともあるかもしれません。

店舗や商品の損害だけでも多額になるでしょうが、損害はそのような直接的なものだけではありません。

店舗を直して営業が再開されるまでの休業による損害も賠償する必要があり、場合によってはその金額は莫大なものになりかねません。

あるいはかけがいのない美術品など高額な物を運搬中の車との事故もあるかもしれません。

物自体の損害はもとより、その事故によりイベントが中止になったりしたらその損害は膨大なものになるかもしれません。

ともかく、事故というのは何が起こるのか予測が付かないものなのです。

「1千万円にしておけばたいがいの高級車でも大丈夫だろう」という一面的な考え方自体が危ないのだと言えます。


二つ目の理由~ほんの小額の追加で「無制限」にすることができる

二つ目の理由は、「対物:1千万円」と「対物:無制限」の保険料の違いは年間で1000円にも満たないということです。

限度額を1千万円から無制限にすれば保険料がいくら高くなるのかをシミュレーションしたことがありますが、調べた7社すべてで1000円未満でした。
(※スイフトスポーツ 年齢30歳以上 12等級 ブルー免許 本人限定 の条件でシミュレート)

一番小さいところが530円、一番大きいところが900円、7社平均で717円です。

年間たったこれだけの金額の追加で、1千万円の限度額を無制限にすることができるわけです。

逆に言えば、無制限を1千万円にしても保険料の節約額は年間で700円程度、月額にすれば60円程度にしかならないということです。

これでは無制限にしない方がおかしいかもしれません。

金額が安いからといって不要な無駄遣いをする必要はありませんが、上で触れたように誰だって1千万円超の賠償責任を負うリスクは避けることができないのです。

たったこれだけの保険料追加で対物事故なら何が来ても大丈夫という状態にできるのですから、安心料としてもとても安いと思います。

ちなみに2千万円と無制限との保険料差額も調べてみましたが、最高で730円、最低で430円、平均が520円でした。

3千万円と無制限の差となれば更に差額が小さくなることでしょう。

こうして比べてみると、3千万万円とか5千万円とかの対物賠償保険はほとんど意味がない存在なのではないかと思われてきます。

まとめ

任意保険の対物賠償保険は限度額を1千万円や2千万円にするという選択肢もあり得ますが、万が一の場合の賠償責任のリスクを考えるとお勧めできる選択ではありません。

事故の状況によっては、休業補償を含む大きな損害が発生するかもしれないというリスクを避けられないからです。

また、限度額を無制限にするための追加保険料は年間1000円にも満たないものであり、この程度の金額を惜しんでリスクを残してしまうのは賢明な選択とはいえません。

損保各社が対物賠償のスタンダードとして無制限をおススメにしているのにはこのような背景があり、素直に「無制限」にしておくのが賢い選択だと思います。


※この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます。

任意保険の基礎~対物賠償

対物賠償「無制限」は軽自動車の場合も必要なのか?

軽の任意保険で最低限必要な補償とは

このページの先頭へ

inserted by FC2 system