人身障害保険の上限額、3千万円?それとも5千万円?

人身傷害保険というのは、車の任意保険のメニューのひとつで、運転者側の怪我などの損害を補償する保険です。

この人身傷害保険には、

・示談成立前に過失割合に関係なく保険金が受け取れる。
・実際に被った損害額を実額で補償してもらえる。
・車に乗っていない時の事故でも補償してもらえる。

というメリットがあるので、自由化後に東京海上から発売されるやまたたく間に各社に広がり、今では約8割の加入率になっているそうです。


搭乗者傷害保険は必要なくなった

人身傷害保険(人身障害特約)が登場する前は、運転者側の怪我などの補償といえば搭乗者障害保険しかありませんでした。

搭乗者傷害保険というのは損害額の実額でなく契約で設定した限度額内で定額の保証が行われるもので、人身障害保険が普及してからはすっかり影の薄い存在になってしまいました。

はっきり言って、人身障害を付けていれば搭乗者障害の方は外していいと思います。

確かに両方をつけておけば、病院の入院費などが決まる前、つまり損害額が確定する前でも一時金的な定額補償の搭乗者障害の方はすぐに保険金を払ってもらえるというメリットがありますが、そういうつなぎ的な保険金を特に必要としなければ搭乗者障害を外して保険料を節約した方がいいと思います。

人身障害一本で運転者、同乗者の怪我などがフルカバーされるのですから、それで十分だと思います。


人身障害補償の上限額をいくらにすればいいのか?

人身障害保険は上で紹介したようにメリットの大きい補償内容となるため、保険料はそれなりに高いものとなります。

また、補償の上限額は3000万円を最低額として、それ以上は1000万円単位で2億円まで増やすことができ、2億円以上は無制限となります。

そこで悩ましいのが、この上限額をいくらにすればいいのかということです。

平均的に死亡の場合の損害額は5000万~9000万円というデータがありますが、これを上限の目安と考えればいいのではないでしょうか。

仮に損害が最大の9000万円になったとしても過失割合を50:50と想定すれば、相手方からの4500万円があるので5000万円を上限にしておけば十分にカバーできる計算になります。

いや生命保険もあるので人身障害は怪我対策なんだという考え方であれば、上限は最低の3000万円で十分ではないでしょうか。

ちなみに、某保険会社のデータでは、3000万円が50.3%、5000万円が26.7%、無制限が15.3%、1億円が4.5%、8000千万円が0.5%と、上限額を3000万円にするケースが最も多くなっています。

またレンタカー各社の人身障害の上限額も調べてみましたが、ニッポンレンタカー、トヨタレンタカー、日産レンタカーのいずれも人身傷害保険の限度額は3,000万円になっていました。
(※日本レンタカーの安心コースは5000万円)

更に、上限額3000万円の場合と上限額5000万円の場合との保険料の差額を見ると、調べた範囲では三井住友海上が最も大きくて3000円以上になりますが、他の各社はいずれも1千円前後と以外に小さい差になっています。

あれやこれやを総合的に考えると、通常の場合は5000万円が妥当なところではないかと思います。

5000万円にしておけば上で紹介したように死亡などの最悪の場合にも対応できますし、3000万円よりはコストパフォーマンスが高くなります。

これを基本にして、どうしても保険料を節約したい場合には3000万円にするというのもありでしょう。

まとめ

人身傷害保険の上限額を3000万円にするか5000万円にするかは大変迷うところなのですが、保険会社によって両者の保険料が差額がまちまちなのでなかなか一概には言えないところがあります。

たった300円程度の保険料増で3000万円から5000万円にできるところもあれば、1000円以上の保険料増になるところ、3000円でも足りないところなど、さまざまです。

実際に上限額を設定するときは、3000万円と5000万円と両方を見積もってみればいいでしょう。

3000万円でいいと思うのですが、たいした保険料アップにならないのでしたら、5000万円にした方がコストパフォーマンスが良くなりますし、安心です。


※この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます。

任意保険の基礎~人身傷害保険

車が2台になる時の任意保険の注意点

軽自動車の任意保険の種類

任意保険の保険料を補償内容で徹底比較

このページの先頭へ

inserted by FC2 system