トップシェアの東京海上グループをバックに持つ通販型任意保険

イーデザイン損保は2009年6月に営業を開始した一番新しい損保会社です。

通販型の任意保険を販売する東京海上グループの損保会社で、登場時は「えー、代理店型最大手の東京海上が通販型に参入するの?」と驚いたことを記憶しています。

イーデザイン損保が立ち上がる何年か前に、東京海上の社長が通販型自動車保険のシェアはまだまだ小さく眼中にないと言うようなコメントをしていたので、日本の自動車保険トップシェアの東京海上は代理店型一本で行くものだと思っていたからです。

毎年じわじわとシェアを伸ばす通販型を見て、さしもの東京海上もこのままでは行けないと考えたのでしょうか。


「安かろう悪かろうが通販型」は一層根拠のないものに

東京海上に限りませんが、自動車保険の代理店関係者の方はネットの質問掲示板に回答の形でたくさん書き込みをしています。

その中で多いのが通販型は「安かろう悪かろう」の保険だというコメントです。

でも代理店型の代表格の東京海上が通販型も販売することになって、この「安かろう悪かろう」論は一層根拠のない中傷的なものになってしまいました。

通販型の安い任意保険が本当に「悪かろう」の保険なら、東京海上グループはそんな低質な自動車保険を、わざわざ新会社を興してまで販売し始めるはずがないからです。

三井ダイレクトの三井住友グループにしても、そんぽ24の損保ジャパン日本興亜グループにしても同じことです。

ネットではいまだに「安かろう悪かろう」のコメントがはびこっていますが、このような回答をする代理店の方々は、イーデザイン損保、三井ダイレクト、そんぽ24など自分達の本部が関わっている通販型まで「悪かろう」呼ばわりしているという自覚がないのでしょうか。

ホンダカーズの方が「ホンダカーズ スモールストアの軽自動車はダメだから買わない方がいい」と言っているようなもんです。

JDパワーの2014年事故対応顧客満足度調査では、AIUに次いで通販型のアメリカンホームが第2位になりましたが、これは国内損保の代理店型自動車保険は1社残らず通販のアメリカンホームに負けているということです。

そのような国内損保代理店型自動車保険の代理店が「安かろう悪かろうが通販型」などと一体何を根拠に言っているのでしょうか。


保険料体系はオーソドックス

イーデザイン損保は通販型としてかなり後発になったのですが、リスク区分など保険料の体系は先発各社と似たようなオーソドックスなものになっています。

例えばリスク区分は、前年走行距離、車種・形式、免許証の色、年齢、使用目的、主な使用地などと一般的なものになっています。

走行距離区分は、3000km以下、3000km超~5000km以下、5000km超~10000km以下、10000km超 という区分になっていて、ソニー損保と似ているスタイルですが、実走行距離ではなく前年の実績走行距離で決められるため、オーバーしても保険金には影響しないのがソニー損保と違うところです。

もちろん、実際の走行距離が素行走行距離区分より少なくてもソニー損保のような払い戻しはありません。

保険料の割引も、インターネット割引、早割り、新車割引、セカンドカー割引などと一般的なメニューです。

走行距離で保険料に差をつけない三井ダイレクトやSBI損保のような他社との差別化は特に行っていないように見えます。

それだけに、後発の任意保険としてどんな顧客をターゲットにしているのかが良く分かりませんね。

イーデザイン損保の翌々年に発売開始のおとなの自動車保険(セゾン損保)は40代、50代というターゲットが明確になっているのとは対照的です。

公式ページの冒頭に「東京海上グループの事故対応品質をネット価格でお届けします」と大書きされていますが、売上ナンバーワンの東京海上の実績と信頼を威光にして売上を伸ばしていこうという任意保険なのかもしれません。


インターネット割引が継続更新でも10,000円

イーデザイン損保で特筆しておかなければならないのは、インターネット割引10,000円が新規の場合だけでなく継続の場合も適用されると言うことです。

他の通販型では新規の場合のインターネット割引が継続になると大幅に小さくなるのが普通なのですが、イーデザイン損保では新規でも継続でもインターネット契約の場合は10,000円の割引になります。

新規加入時に10,000円以上のインターネット割引を行う損保の中で、更新時にも同額の割引を行うのはイーデザイン損保、セゾン損保の2社だけですので、これは他社にはないアドバンテージだといえるでしょう。

SBI損保も新規、更新のインターネット割引を同額にしていますが、5,500円と絶対額が大きくないのでそれほどのインパクトはありません。

この割引は2年目以降も契約者をイーデザイン損保に引き止める誘引力になるでしょうし、顧客にとってもメリットの一つになります。


事故対応でも東京海上品質をアピール

イーデザイン損保は事故対応においても「東京海上グループの『事故対応品質』」をアピールしています。

東京海上日動は自動車販売店の代理店、つまり副業代理店が一番多い自動車保険なので、事故対応品質と言われてもピントこない面もあありますが、本社での事故対応の実績、ノウハウがグループ内での人事交流などで活かされているということはあるのかもしれません。

事故対応の態勢は、1事故につき1人の担当者が決まり窓口となるというスタイルで、専任担当者 + 各分野スペシャリストのチームにより対応することになっています。

事故直後の初期対応を即日で行う受付時間は9:00~21:00。

0:00~19:00とか0:00~21:00とかの通販型他社と比べれば見劣りするのはたしかです。

まとめ

自動車保険最大手の東京海上グループが通販型を販売するために新設したのがイーデザイン損保です。

イーデザイン損保の自動車保険は、東京海上グループの実績やノウハウを取り入れた通販型任意保険といえるでしょう。

通販型の中で後発の割には他社との目だった差別化がないオーソドックスな内容の自動車保険ですが、インタネット割引を継続の場合にも新規と同じ10,000円にすることによってアドバンテージを設けています。

シェアトップの東京海上グループの実績と信頼をバックボーンに持った、安心度の高い通販型自動車保険といったところでしょう。


※この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます。

アクサダイレクトの任意保険

通販売上NO.1~ソニー損保の自動車保険

三井ダイレクト~ブルー免許でも安くなる

===========================================================
軽自動車の任意保険を各社比較で選ぶ トップページへ軽自動車の任意保険について基本から確認したい方、安くて安心な保険を選びたい方はトップページから詳細を確認してみてください。オススメの任意保険比較サイトも紹介しています。
===========================================================

このページの先頭へ

inserted by FC2 system