子供が運転し始めるような年代にピッタリの任意保険

香川照之さんのテレビCMでお馴染みのおとなの自動車保険。

この自動車保険を一言で言うとすれば「とてもユニークな自動車保険」ということになると思います。

名称だけでなく保険料の決め方や補償、特約の選び方など、他社の通常スタイルの自動車保険には見られないユニークな特徴を持つ任意保険です。

ターゲットも40代、50代と明確であり、他社には無い切り口で差別化を図っている任意保険だと思います。


1歳刻みで保険料が決められる

他の自動車保険には無いおとなの自動車保険だけの特徴は、やはり保険料が「1歳刻み」で決められているという点でしょう。

テレビCMなどでも40代、50代の人の保険料が安くなることがアピールされています。

自動車事故を起こす確率は若い人ほど高く、自動車保険では年齢区分に応じて事故率の高さに応じた保険料にするしくみになっています。

年齢区分は通常、全年齢(18歳以上)、21歳以上、26歳以上、30歳以上、35歳以上などの区分になっており、40歳以上、45歳以上などの年齢区分はありません。

おとなの自動車保険

おとなの自動車保険では、この年齢の区分を「1歳刻み」にすることにより、30歳以上、あるいは35歳以上の部分を更に深堀りする形になっています。

年代ごとに見た場合、事故率の最も低いのは右の図のように40歳代、50歳代であり、保険料を1歳刻みで決めることにより、40代、50代の保険料を安くするしくみになっているのです。

明らかに40代、50代の人をメインターゲットにした自動車保険だといえるでしょう。

外資系に比べて後発となった自動車保険の中には、例えば免許の色で保険料を変えない三井ダイレクト、走行距離で保険料を変えないSBI損保などのように、ほかにはない切り口で差別化を図っている例がありますが、おとなの自動車保険は「40代、50代の人が安くなる」という切り口で特色を出しているというわけです。


「子供特約」が残されている

上で見たようにおとなの自動車保険では1歳刻みの年齢により保険料が決まります。

ですから通常の自動車保険にあるような「年齢条件」というものがありません。

そこで気になるのが「子供が運転するようになったら保険料はどうなるのか」ということです。

通常の自動車保険であれば、例えば「35歳以上補償」を子供の年齢に合わせて「全年齢補償」にして子供も補償されるようにするのが普通です。

そしてこの年齢条件の変更によりほとんどの自動車保険では保険料が2倍以上に跳ね上がります。

ところがおとなの自動車保険の場合は、親の年齢による保険料を基本にして、同居の子供を補償の範囲に追加するといういう形で若い子供をカバーすることができます。

具体的には、運転者限定の特約を「運転者限定無し特約(同居の子年齢条件設定型)」にして、最も若い子供の年齢を申告するということになります。

こうすることによって、保険料の上がり具合を他社の半分程度に抑えることができます。

おとなの自動車保険の公式サイトのアンケート結果によると、親と子供が対象になっている自動車保険をおとなの自動車保険に切り替えて保険料を安くできた平均金額は、なんと27,972円(151人の平均)だということです。

これは、まるでかつての「子供特約」ようですね。

一頃までは「子供特約」という、年齢条件の変更をせずに若い子供をカバーできるありがたい特約があったのですが、今ではほとんどの保険会社がこの特約を廃止してしまいました。

残っているところは三井ダイレクト(子供運転者年齢限定特約)、SBI損保(同居の子供の年齢条件)くらいのもんでしょうか。

子供が運転し始める40代、50代をターゲットにしているだけにこの取扱いは的を射たもので、おとなの自動車保険の優れた特徴だと思います。


事故対応~初期対応がもう少し・・・

おとなの自動車保険の事故対応の特徴は、「事故解決ナビゲーター」が契約者とのやりとりの窓口になる点でしょう。

対人、対物賠償のプロフェショナルで構成される「エキスパートチーム」と契約者との間に入って事故対応全体の進捗をコントロールし、顧客への進捗説明も行うのが事故解決ナビゲーターです。

事故対応のスーパーバイザーのような役割のようで、契約者にとっては窓口が一本化されるというメリットがあります。

各社の事故対応のバロメーターのようになっている初期対応の受付は、

平日     … 0時~17時30分
土・日・祝日 … 0時~17時

となっています。

0時~19時、0時~20時などの損保会社もある中で、この受付時間は今一つかなという感じですね。

それから事故時のレッカー移動など他の通販型各社は無料になっているロードサービスが有料になっているのも気になるところです。

公式サイトでは「すでに会員制ロードサービスやクレジットカードの付帯サービスなどの他のロードアシスタンスにご加入の場合、ロードアシスタンスをセットしないことにより、その分の保険料を節約することもできます」と説明しているものの、やはり無料ロードサービスから見れば見劣りしてしまうのは事実です。

でも、上で触れた1年刻みの保険料や子供の補償の追加などで大幅に保険料が安くなった人にとっては、年間2,000円前後のロードサービス保険料は安いものかもしれませんね。


自転車の事故の補償も特約で付けられる

最近では自転車による事故で1億円近い賠償の判例も出ているようです。

家族に自転車で通勤、通学をしている人がいる場合、自転車保険も必要な時代になったのかもしれません。

おとなの自動車保険では、特約でこの自転車保険に相当する補償もセットすることができます。

自転車による契約者やその家族のケガを補償する「自転車傷害特約」と、自転車で他人にケガをさせた場合の補償である「個人賠償責任特約」がそれです。

この二つの特約は、どちらか一方でも付けられますし、もちろん両方をつけることもできるというフレキシブルなものになっています。

どちらか一つということになれば、やはり個人賠償責任特約ということになるでしょうか。

この特約を利用すれば、別途に自転車保険に加入しなくても自転車運転中の損害や相手方の損害賠償に備えることができます。

まとめ

セゾン損保のおとなの自動車保険は、唯一1歳刻みで保険料が決められるユニークな任意保険です。

この保険料システムによって、事故の確率が最も低い40代、50代の人は保険料が最も安くなるという恩恵を受けることができます。

また、40代、50代をターゲットにしているだけに、年齢の若い子供を補償対象に加える場合のしくみもよく考えられており、他の自動車保険より保険料のアップ率を低く抑えられるように配慮されています。

ロードアシスタンス(ロードサービス)が有料なのはちょっと残念なところですが、考えようによっては他社よりも柔軟性が高いといえるのかもしれません。

おとなの自動車保険という名称のとおり、子供が免許を取り運転し始めるような年代の方にピッタリの自動車保険だといえるでしょう。


※この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます。

イーデザイン損保~東京海上グループの通販型

通販売上NO.1~ソニー損保の自動車保険

おとなの自動車保険~セゾン損保

このページの先頭へ

inserted by FC2 system