保険料の安さと顧客の満足が両立している自動車保険

スーパー自動車保険を販売するチューリッヒ保険会社は、1872年スイスで設立され、世界170ヶ国以上で保険商品・サービスを展開しているチューリッヒ・インシュアランス・グループの、アジアにおける重要拠点になっている保険会社です。

自動車保険自由化とともに1998年から「スーパー自動車保険」を販売しており、自動車保険のほかにバイクの保険、傷害保険、交通傷害保険、企業向けの各種損害保険などを扱っています。

いわゆる外資系の保険会社ですが、グローバルな展開を背景にした専門知識やノウハウを活用した自動車保険は、ダイレクト系の中でも高い評価を得ています。


補償内容のメニュー

チューリッヒの「スーパー自動車保険」の補償メニューは

対人、対物、人身障害、搭乗者障害の4つを基本にして、必要に応じて車両保険や各種特約を選べるようになっています。

特約も、対物超過特約、無保険者傷害特約、弁護士費用特約、原付特約など、従来タイプの代理店型に引けを取らないメニューが用意されています。

人身傷害に「搭乗中のみ補償」の特約を用意したり、車両保険でワイドカバータイプのほかに限定カバータイプの選択肢を用意したりで、契約者が保険料をリーズナブルにすることができるように配慮されています。

今では、補償内容に関する限り代理店型と通販型との違いはほとんどなくなったといってもいいでしょう。

ネットで見かける「格安保険料の通販型は補償内容もそれなり」などという話は全く根拠の無いデマだと思っていいでしょう。


リスク区分の特色

今ではリスク細分型の自動車保険が主流となり、ほとんどの自動車保険が何らかの形のリスク区分を採用しています。

チューリッヒのリスク区分は、

運転者の年齢、免許証の色、運転する地域、車の使用目的、走行距離

などで、ごくオーソドックスなものといっていいでしょう。

自動車保険の自由化に伴い、アメリカンホーム、アクサダイレクトとともに外資系自動車保険の一角として日本におけるリスク細分化の先鞭をつけたのがチューリッヒです。

先行組だからでしょうか、これら3社のリスク区分はいずれも似たり寄ったりのオーソドックスなものになっています。

後発の三井ダイレクト、SBI損保などは走行距離をリスク区分から除くことによって先行組との差別化を図っています。


保険料の割引

チューリッヒの保険料の割引で特徴的なのは、「インターネット割引」と「早割」でしょう。

まずインターネット割引ですが、新規契約の場合12,000円の割引、継続契約だと1,500円の割引になります。

SBI損保などのように新規でも継続でも割引額が同額になるタイプもありますが、チューリッヒは新規の割引が大きく継続になると割引額がグッと小さくなるタイプです。

それにしても12,000円の割引は凄いですね。現在最高レベルの割引額でしょう。

「早割」というのは早期契約割引といって満期日の45日前までに申し込んだ場合は500円の保険料割引を行うというもので、チューリッヒ独特の割引です。

新規のインターネット割引と早割で他社の自動車保険からの乗換えを狙いたいということなのでしょう。


事故対応の態勢

チューリッヒの事故対応は、専任の担当者が示談交渉から保険金支払いまでを一貫して行うというスタイルです。

人身事故のスペシャリストと物損事故のスペシャリストとは違うようで、人身事故と物損事故が同時に起きた場合は、それぞれの専任担当者がチームを組むことになるようです。

事故受付は当然ながら24時間365日対応、事故直後の初期対応は0時から20時まで受付分が当日対応、20時~24時受付分は翌日対応となります。

初期対応の内容は、事故直後の事故相手方への連絡、代車手配、修理工場への連絡、医療機関への連絡、不明点のアドバイスなどです。

平日の初期対応の受付は17時までで土日はなしという保険会社もある中で、平日、土日、祝日とも20時まで受け付けるというチューリッヒの初期対応はなかなか立派だと思います。

自動車保険の各種満足度ランキングで上位に入ることが多いのは、この初期対応があるからなのかもしれません。


ロードサービスは「業界最高レベル」

チューリッヒはテレビのCMなどで「業界最高レベルのロードサービス」をアピールしています。

確かに実際に比べてみると業界最高レベルと言ってもいいほど充実したロードサービスです。

象徴的なのは指定する修理工場へのレッカー移動が100kmまで無料だという点です。

他社では50kmが最高ですから群を抜いています。

メニューの豊富さ、ここのサービスの充実度から見て、まさに最高レベルといって間違いないでしょう。

まるで第二の車両保険が無料で付いてくるような感じです。

これがあればJAFのロードサービスなど全く必要ないでしょう。

チューリッヒの自動車保険の一番のウリはこのロードサービスかもしれませんね。

まとめ

チューリッヒの自動車保険の特色は通販型の保険料の安さと顧客満足度の高さが両立していることです。

自動車保険の顧客満足度調査には様々なものがありますが、チューリッヒは2004年以来、ほぼ毎年どこかのランキングで第一位になっています。

顧客満足度調査は、事故などで実際に自動車保険を使った人へのアンケートによって行われます。

チューリッヒの評価が高いのは、事故直後の初期対応が充実していること、専任担当者による事故対応がしっかりしていることの表れなのだと思います。

これに加え、業界トップレベルのロードサービスが付くのですから、通販型の中でもかなり魅力度の高い自動車保険といえるでしょう。


※この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます。

三井ダイレクト~ブルー免許でも安くなる

おとなの自動車保険~セゾン損保

AIUの自動車保険~真の顧客本位とは?

このページの先頭へ

inserted by FC2 system