何を優先するかが決まれば後は比べるだけ

車の任意保険を販売する保険会社は20社以上。

漠然と選ぼうとしてもどこが良いのか選びようがありません。

ところが、何を最優先にして選ぶのかさえ決まれば、任意保険選びは一挙に簡単になります。

優先する項目ごとに最も簡単な選び方を紹介してみましょう。


事故対応のよさで選ぶ

いざという時の保険として加入するのが任意保険。

何よりもこのいざという時の対応、つまり事故対応の良さを最優先に選ぶのだという方針が決まれば、話は簡単です。

JDパワーの自動車保険事故対応満足度調査という調査によるランキングが毎年公表されています。

JDパワーというのは世界的な調査会社で、このランキングは第三者による自動車保険の顧客満足度調査の中では最も客観的だと言えるものです。

この調査で2014年まで6年連続の1位になっているのがAIUです。

保険料が高くてもいいから、ともかく事故時の対応を重視したいというのであれば、任意保険はこのAIUで決まりでしょう。

いや、自分で加入手続きができるから通販型の方がいいと言うのであれば、2014年同調査で2位になっているアメリカンホームダイレクトです。

ちなみにアメリカンホームは、通販型で事故時の現場急行サービスを行っている唯一の任意保険です。


保険料の安さで選ぶ

ほかの項目は平均点でいいから、ともかく保険料を安くしたい。

自分の車で保険料が一番安くなる任意保険を選びたい。

このような場合も、簡単にお目当ての任意保険をみつけることができます。

多くの保険会社の見積もりを一挙に比べることのできる自動車保険一括見積りを使います。

最大20社などの一括見積りであれば、ほとんど全部の保険会社に網を掛けることができます。

この無料見積もりサービスで自分の加入条件を入力して申し込めば、自動的に保険会社が絞られ、見積もりに応じた保険会社の中で一番安いところが簡単にみつかります。

そのまま、契約まで進むこともできるのでに本当に便利です。


ロードサービスの充実で選ぶ

自動車保険が自由化されてから任意保険の付帯サービスであるロードサービスが瞬く間に広がり、今ではロードサービスが付いているのが当たり前のようになりました。

特に通販型各社のロードサービスは本当に充実していて、まるで第二の車両保険に無料で加入しているといった感じです。

JAFの年会費を止めて任意保険のロードサービスに切り替えた方が安心度、お得度とも増すという場合すらあります。

したがって、このロードサービスの一番充実した任意保険を選びたいという場合は、まず通販型の任意保険に注目です。

ロードサービスのメニューの中で各社の力の入れ具合というか充実具合のバロメーターになるのがコストの大きい「レッカー移動」のサービスではないでしょうか。

この視点から見ると断然他社を引き離しているのがチューリッヒとそんぽ24です。

なんと「指定工場だと無料、指定工場以外へは100kmまで無料」です。

2番目のイーデザインが指定工場以外への無料が60kmまでですから、この2社は頭ひとつ抜けています。

2社のうちどちらかがいいかといえば、その他のサービスの充実振りでやはりチューリッヒに軍配が上がります。

チューリッヒは「業界最高レベルのロードサービス」とアピールしていますが、実際、そのメニューや内容を比べてみると、業界のトップと言ってもいいのではないでしょうか。

ロードサービスで任意保険を選ぶならチューリッヒで決まりです。


事故のときの現場急行サービスで選ぶ

思い違いが多いようですが、代理店で契約した任意保険だからといって、事故のときに代理店の型が現場に駆けつけることは通常ありません。

代理店は任意保険の募集・勧誘が本務であり、示談交渉はもちろん事故時の斡旋ごとや仲介などは法律で禁じられています。

そのことが良くわかっている場合、事故時に現場へ急行してくれる保険会社をぜひ選びたいという方も居られることでしょう。

そうなると選択肢は非常に限られてきます。

現在のところ、現場急行サービスを行っているのは、セコムとアメリカンホームだけです。

セコムの場合は「24時間、365日、お客様の要請にもとづいてセコムの緊急対処員が事故現場にかけつけます」ということで、距離の制限などはありません。

アメリカンホームの「ダイレクトレスキュー」の方は「原則として事故現場まで30分程度で到着できる場所に限ります。」という制限があります。

いずれも、現場では安全確保のサポート、通行車両等の誘導のサポート、警察への届け出、事故報告のサポート、レッカーの手配などをしてくれることになります。

代理店型で保険料が高くなってもいいから充実した現場急行サービスが欲しいという場合はセコムを選べばいいでしょう。

保険料格安の通販型で急行サービスが欲しい場合はアメリカンホームということになるでしょうか。

まとめ

優先項目ごとに簡単な任意保険の選び方を見てきましたが、実際には、これほど割り切ることができず、各優先項目の兼ね合いで選ぶ場合も多いことでしょう。

でも、このように各要素でトップの保険会社の状況を知り、「安くて万能な任意保険など無い」ことを知っておけば、きっと自分の考えで任意保険を選ぶときの参考になるはずです。

そして、どの項目を最優先にしようが、最後の〆としての確認は【無料】一括見積りで行えばなお安心です。


※この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます。

軽自動車の任意保険プランの賢い選び方

軽の任意保険で最低限必要な補償とは

一括見積りと個別見積りの使い分け

===========================================================
軽自動車の任意保険を各社比較で選ぶ トップページへ軽自動車の任意保険について基本から確認したい方、安くて安心な保険を選びたい方はトップページから詳細を確認してみてください。オススメの任意保険比較サイトも紹介しています。
===========================================================

このページの先頭へ

inserted by FC2 system