一括見積りは任意保険選びに欠かせない無料サービス

自分にとって最適の任意保険を選ぶためには各保険会社の保険料などを比較しなければなりません。

現在車の任意保険を扱う保険会社は20社を超えていて、いくら無料とはいえ1社ずつ見積りを取るのは大変な作業になってしまいます。

前もって数社に絞り込んで比較し選んだとしても「もっといい所があったかもしれない」という思いが必ず残ってしまうものです。

このような時に試してみたいのが任意保険の一括見積りです。


おススメの一括見積りの例

任意保険の一括見積りは、ネットからの一度の入力で主だった保険会社のほとんどに一括して見積もりを依頼することのできる無料サービスです。

かつては見積もり結果がメールで送られてくる一括見積りが主流だったのですが、最近では入力後にすぐPC画面で各社を一覧比較できる一括見積りが増えてきました。

様々な一括見積りがありますが、上場企業などしっかりした運営主体が運営し毎年多くの人が利用している代表的なサービスを挙げれば次のようになります。

保険の窓口インズウェブの自動車保険一括見積り

保険スクエアbang! 自動車保険の一括見積り

ズバット 自動車保険比較

楽天 自動車保険一括見積もり

これら4サービスはちょうど今キャンペーンもやっていますので、無料見積もりなのに利用するだけで500円程度の図書券やマックカードのプレゼントをもらうことができます。

任意保険の一括見積りは、毎年100万人近い人が利用しているようで、中には更新時期が来れば毎年一括見積りで各社を比較して一番安いところに切り替えるというリピーターも多いようです。


一括見積りの前に準備するもの

一括見積りの申し込み入力は大体5分もあれば終えられる簡単なもので特に難しいことはありません。

ただ、入力前に準備したいものがあります。

ひとつは、手もとに免許証、車検証を用意すること。

もうひとつは、自分の車の年間走行距離と安全装置(エアバッグ、ABS、盗難防止装置など)を確かめておくことです。

安全装置や走行距離の違いで保険料が違ってくる保険会社が多いので、事前に確認しておけば入力をスムーズに行うことができます。

準備ができたら一括見積りサイトを選んでいよいよ申込み入力です。


一括見積りの流れ

任意保険の一括見積もりを利用任意保険の一括見積もりを利用する時の流れは次のようになります。

<入力する項目>

一括見積りサイトを開いたら、入力欄の案内に沿って次のような項目を入力していきます。

①初度登録年月 、メーカー名、車名、型式、保険加入状況、所有者、使用目的

②予想年間走行距離、主たる運転地域、安全装置、改造の有無、陸運支局

③現契約の等級、現契約の満期日、現契約の保険会社

④現契約期間中の事故の有無、契約者の基本情報(住所、氏名、年齢など)

⑤運転免許情報(取得年月日、免許証の色、免許停止経歴など)

⑥希望する補償内容

一見入力する項目が多く見えますが、個人情報以外の入力はほとんどプルダウンメニューからの選択で行うことができるので難しいことはありません。

実際に最短で5分程度、長くかかっても15分くらいあれば前部の入力を終えることができます。

初めての任意保険加入の場合は、補償内容をどうしたらいいのか迷うかもしれません。

事前に各保険会社の公式ページなどで標準的な補償内容のパターンを確認しておけば安心でしょう。

「対人賠償:無制限、対物賠償:無制限、人身障害:3千万円~5千万円」

これがどの保険会社でも標準的な基本パターンになっています。

あとは必要であれば車両保険を追加すればいいでしょう。


一括見積りの注意点

一括見積りを利用する時の注意点としては、各社それぞれの細かい補償内容の違いまでシミュレーションできないことでしょうか。

各社の一括比較を主目的にしているので、保険会社による特約の違いなど細かい相違点を網羅するものにはなっていません。

ですから、一括見積りからも契約まで進めますが、一括見積りで保険会社が決まったらその保険会社の公式ページの方で改めて詳細な見積もりをして契約する方がいい場合もあるかもしれません。

保険会社の公式ページを利用するメリットはもう一つあって、何か疑問点があれば見積もりの途中でもフリーダイヤルでオペレーターに質問したり相談したりできることです。

でも、そのまま電話で契約まで進めないようにしてくださいね。

電話契約になってしまうと、せっかくのインターネット割引が受けられなくなってしまいます。

オペレーターもその辺はきちんとアドバイスしてくれますから大丈夫でしょうが。

まとめ

【無料】一括見積りは、最適な任意保険選びに欠かせない無料サービスになりました。

インズウェブの一括見積りなど、延べ700万人の人が利用しているそうです。

保険スクエアbang! が同じく300万人以上が既に利用しているそうですから、全サービスを合わせると、ほぼ毎年100万人近くの人が一括見積もりを利用しているという計算になります。

車の保険を選ぶなら一括見積りというのがほぼ定着して来たということなのでしょう。

まだ利用したことがない方は、ぜひ一度試してみてください。

各社の保険料の違いに驚くことと思います。


※この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます。

任意保険 無料見積もりの使い方

軽自動車の任意保険の見積もり

任意保険の保険料シミュレーションが面白い

任意保険がいくらになるかはあなたしか知らない

このページの先頭へ

inserted by FC2 system