? 任意保険のお得な6つのチェックポイント

長い間惰性で更新を続けている場合は要注意!

任意保険では、契約期間中に変わった点があれば保険料が安くなるかもしれないチェックポイントがあります。

例えば「運転する家族の全員が30歳以上になった」「車を排気量の小さいタイプに買い換えた」などの変更があった場合は、忘れずにチェックして保険料をお得にしたいですね。

今回は前部で6つのお得になるチェックポイントを紹介しますが、当てはまる項目が多いほど保険料が安くなる可能性が高くなります。


<チェック1>運転する家族のみんなが30歳以上になった

任意保険の契約で車を運転することになっている家族が全員ん30代以上になった場合は、年齢条件の変更で保険料を安くすることができます。

保険会社によっては、更に35歳で年齢の区切りを設けているところもあります。

車を運転する一番若い子供が21歳以上になった時や25歳以上になった時も同様で、年齢条件を「21歳以上補償」、「25歳以上補償」に変更することにより保険料を安くすることができます。


<チェック2>運転する人を家族や夫婦に限定できるようになった

任意保険を「運転者限定なし」で契約している場合もあるかと思います。

契約者本人、同居家族、別居親族、友人・知人など誰でも補償対象になるのが「運転者限定無し」の契約です。

事情変更で家族以外の人が運転する可能性がなくなった場合は、運転者を「家族限定」に変更することによって保険料を安くすることができます。

また子供の独立などで夫婦以外の人が運転する可能性がなくなれば運転者を「夫婦限定」にして更に保険料を安くすることができます。

契約者本人しか運転しないのであれば「本人限定」とすることもできます。

進学、転勤などで家族構成が変化した時は忘れずにチェックしてみましょう。


<チェック3>車の年間走行距離が短くなった

車を通勤に使わなくなった、遠出をすることが少なくなったなどで、車の年間走行距離が明らかに短くなる場合があります。

大抵の保険会社では年間走行距離による割引が設けられていますので、このような場合は保険会社に変更を申告すれば保険料が割安になるか可能性があります。

年間走行距離の申告には保険会社によって二つのパターンがあります。

ひとつはソニー損保、アクサダイレクトなどの予想走行距離を申告するタイプ、もうひとつは過去1年間の実績走行距離を申告するタイプです。

もしも年間走行距離が申告した予想距離を超えた時には保険会社に連絡を入れることになります。


<チェック4>車をたまにしか使わなくなった

任意保険は、車を業務で使用するのか、通勤・通学に使うのか、それら以外のレジャーなどに使用するのかによって契約が区分されています。

業務使用、通勤・通学使用、日常レジャー使用の順に保険料が割安になりますので、たとえば転勤などで通勤に車を使わなくなったような場合は、車の使用目的を日常・レジャー使用に変更することにより保険料を安くすることができます。

リタイアなどで業務に車を使わなくなった場合も日常レジャー使用に変更しないと保険料の払いすぎになってしまいます。

冬の寒い時期だけ、あるいは雨の日だけはマイカー通勤というような場合もあるかも知れませんが、その程度であれば日常レジャー使用で大丈夫です。
(※基準では週5日以上または月15日以上通勤・通学に使用する場合が通勤・通学使用になるとされています。)


<チェック5>排気量の小さい車に買い換えた

任意保険では車種の違いによる事故のリスクの大きさに応じて保険料の算定に差がつけられるしくみになっています。

排気量が大きいなど統計データから見て事故の確率が大きい車ほど保険料が割高になるというわけです。

わかりやすいのは、普通乗用車から軽自動車に乗り換える場合です。

排気量や車重が小さくなり保険料算定の料率が下がって保険料が安くなる可能性があります。

契約期間の途中でも契約車両の変更は可能ですので保険会社に連絡を入れましょう。


<チェック6>主に運転する人がゴールド免許になった

ゴールド免許取得者は事故を起こす確率の小さい優良なドライバーだということで、ほとんどの保険会社がゴールで免許取得者を優遇するゴールド免許割引を設けています。(※三井ダイレクトのような例外もああります。)

5年間も無事故を続けている人に交付される免許ですから、ゴールで免許というのは何よりも客観的に安全なドライバーであるということを証明しているということですね。

任意保険の契約期間の途中にゴールド免許を取得する場合も多いでしょう。

年齢条件の変更のように保険期間中でもゴールで免許の割引を適用してもらいたいところですが、実はこちらの方は保険期間中の変更はできません。

次の更新時まで待って新しい契約によりゴールド免許の割引を受けることになります。

まとめ

このほかにも2台目の車を購入した時など、細かいことを含めればお得になるチェックポイントはまだあるのですが、最低限これだけはチェックを忘れない方がいいと思われる6つのポイントを挙げてみました。

新車ディーラーおススメの任意保険をそのまま更新し続けている場合は、知らないうちにいくつかチェックポイントを見逃しているかもしれません。

どうぞ、この6点だけでも今すぐにチェックしてみてください。

===========================================================
軽自動車の任意保険を各社比較で選ぶ トップページへ軽自動車の任意保険について基本から確認したい方、安くて安心な保険を選びたい方はトップページから詳細を確認してみてください。オススメの任意保険比較サイトも紹介しています。
===========================================================

このページの先頭へ

inserted by FC2 system