? 任意保険の満足度ランキングはどうなっているか

通販型各社の評価が思った以上に高い

任意保険を選ぶときにとても参考になるのが顧客満足度調査のランキングです。

自動車保険の顧客満足度調査は、市場調査会社や自動車保険一括見積り運営企業などが例年行っており、各年のランキングを公表しています。

テレビCMなどで保険会社自身から「顧客満足度○○%」と言われても比較対象がないのでピンときませんが、第三者の客観的な調査によるランキングはやはり説得力を持っています。

このようなランキングの代表的なものをいくつか取り上げてみました。


オリコンの「2014年度 顧客満足度の高い自動車保険ベスト18」

はじめに、オリコンチャートで有名なオリコンの自動車保険顧客満足度ランキングです。

オリコン株式会社は、音楽事業のほかに様々なサービス、店舗、病院などの顧客アンケートに基づく満足度ランキングをWEBサイトで発表しています。

自動車保険の2014年度版は、事故などで自動車保険を実際に使ったドライバー18,609人の回答による結果です。

事故処理の対応、保険金の支払スピード、保険料・金額への満足度など全部で9項目の獲得ポイントでランク付けが行われています。

   1位 ソニー損保    77.31点     6位 アクサダイレクト  74.74点
   2位 三井ダイレクト  76.96点     7位 アメリカンホーム  74.32点
   3位 チューリッヒ   76.24点     8位 そんぽ24     72.02点
   4位 イーデザイン損保 76.22点     9位 東京海上日動    71.55点
   5位 セゾン      76.01点

    <その他の優良企業>
     あいおいニッセイ同和 AIU 共栄火災 損保ジャパン日本興亜 日新火災
     富士火災 三井住友海上


1位から8位まで通販型各社が独占しています。

10位以下は「その他の優良企業」順位無しにまとめられています。

それにしても通販型全9社のうち8社が上位独占というのは凄いですね。

「安かろう悪かろうが通販型」というのは何を根拠にした話なのでしょうか。


価格.com の自動車保険満足度ランキング

続いては、価格比較ウェブサイトで有名な一部上場企業(株)カカクコムの自動車保険満足度ランキング2014年です。

「保険会社に関する満足度アンケート」の結果ということで回答者数は確認できませんんでした。

     1位 ソニー損保    72.7点
     2位 チューリッヒ   72.7点
     3位 アクサダイレクト 72.4点
     4位 SBI損保    72.2点
     5位 セゾン      72.2点

これも通販型各社が上位独占です。

サイトでは「代理店系に比べると保険料が手軽なイメージのダイレクト系損保が、サービスや補償内容の充実度合いも評価された結果と言えるでしょう。」と論評されています。


一括見積りサイト「保険スクエアbang!」の事故対応満足度ランキング

自動車保険一括見積りサイトの老舗、保険スクエアbang!では、事故対応の満足度ランキングを発表しています。

初期対応、交渉、スピード、的確さ、経過連絡の5項目の調査結果により総合満足度を算出しランキングにしています。

   1位 イーデザイン損保 4.3ポイント     6位 アメリカンホーム   3.7ポイント
   2位 セゾン      3.9ポイント     7位 SBI損保      3.7ポイント
   3位 チューリッヒ   3.8ポイント     8位 アクサダイレクト   3.6ポイント
   4位 ソニー損保    3.8ポイント     9位 損保ジャパン     3.6ポイント
   5位 三井ダイレクト  3.7ポイント    10位 あいおいニッセイ同和 3.5ポイント

ここでもまたそんぽ24を除く通販型8社が上位を独占しています。

「いざという時は代理店型の方が安心」というのはどこから来た話なのでしょうか。

意外と知られていませんが、通販型各社は事故直後の「初期対応」に力を入れています。

この初期対応の違いが結果に現れているのでしょうか。


J.D.パワーの自動車保険事故対応満足度調査

最後に紹介するのは、J.D.パワーの日本子会社J.D.パワー アジア・パシフィックが2004年から毎年行っている日本自動車保険事故対応満足度調査です。

J.D.パワーの自動車保険調査は世界的な市場調査会社が自らの企画で行う顧客満足度調査であり、自動車保険に関しては現在最も客観性の高いCS調査であると言われています。

結果は次のようになっています。


これまで紹介してきたランキングと全く違う姿になっています。

AIUの第1位は6年連続だということですが、これは凄いことだと思います。

アメリカの自動車保険代理店はほとんどがプロフェショナル代理店でレベルが高いといいますが、AIUのこの高評価はそのことを物語っているのでしょう。

通販型のアメリカンホームが第2位になっています。

AIUは外資系損保ですから、国内損保の代理店型自動車保険は一つ残らず通販型のアメリカンホームに負けています。

上位に入る通販型の数は減りましたが、それでも上位10社のうち4社は通販型になっています。


これらのランキングをどう見ればいいのか

4つの自動車保険ランキングを紹介しましたが、それぞれ違うこれらの結果をどう考えればいいのでしょうか。

少なくとも言えることは、価格.com と保険スクエアBang! についてはどちらも価格(保険料)の安さを求める人が集まるサイトであり、母集団にそのような傾向があれば保険料の安い通販型が上位になりやすいということでしょうか。

それにしても通販型が上位独占というのは半端な傾向ではなく、ネットで見かける「安かろう悪かろう」というコメントはほとんど根拠のない話であることがわかります。

オリコンとJ.D.パワーの場合は、第三者の立場からの調査で母集団に偏りはないと思いますが、結果は大違いです。

J.D.パワーのランキングは事故対応の評価を示しており、それに保険料の満足度などを加味した総合的な満足度はオリコンのランキングのようになっているということでしょうか。

どのランキングでも上位各社であればポイント数にはほとんど差がなく、細かい順位にこだわるよりも上位に入る保険会社かどうかという見方をした方がいいのかもしれません。


※この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます。

オリコンの顧客満足度ランキング 自動車保険

保険スクエアbang! の自動車保険 満足度ランキング

webサイト「クチコミ ランキング」の自動車保険ランキング

===========================================================
軽自動車の任意保険を各社比較で選ぶ トップページへ軽自動車の任意保険について基本から確認したい方、安くて安心な保険を選びたい方はトップページから詳細を確認してみてください。オススメの任意保険比較サイトも紹介しています。
===========================================================

このページの先頭へ

inserted by FC2 system