軽自動車の保険は生命保険のように難しいものではない

任意保険の初心者の方に一番わかってもらいたいことは、自動車保険は生命保険のように難しいものではないということです。

「初めてだから代理店に頼もうか」と悩む必要はありません。

補償の基本は相手方への「対人・対物」の賠償と自分側の「人身障害」だけで、この基本は20社以上あるどの保険会社でも同じです。

初めての場合でも代理店に頼むほどのことではなく、少し調べるだけで自分で選ぶことができます。

まずは「車の任意保険はむずかしいもの」という先入観を捨てましょう。


代理店の9割近くがアマチュア代理店

損保協会の統計を見れば、自動車保険の代理店(19万店以上)の9割近くが自動車ディーラーなどの副業代理店だということがわかります。

副業代理店は「アマチュア代理店」とも呼ばれますが、このようなたくさんのアマチュアが代理店をやれるほど自動車保険は簡単な保険なのです。

最も数が多いディーラー代理店などは、車を売る時に任意保険も一緒に勧誘するための代理店だと思えばいいでしょう。

ですから、インターネットを使える人であれば少し調べるだけで初心者でも安心な補償プランを知ることができますし、ネットで契約までいくこともできます。

しかも、ネットで契約できる任意保険(ダイレクト系)の方が確実に保険料が安くなります。

条件にもよりますが、代理店での契約より万円単位で安くなることも珍しくありません。


補償プランの基本は「対人、対物、人身障害」の三つ

まず補償内容をどうするかは、軽自動車でも普通車と同じで構いません。

多くの保険会社で標準にしているのが、

対人賠償:無制限
対物賠償:無制限
人身障害:3千万円あるいは5千万円

という補償プランです。「対人・対物:無制限、人身障害:3千万」と暗記すれば簡単に覚えられます。

「対人・対物:無制限」で事故の相手方の賠償が完全カバーされ、人身障害で運転者、同乗者、家族の怪我などがカバーされます。

ほとんどの保険会社がスタンダードとしてすすめる補償内容ですからこれで間違いはありません。

人身障害を3千万にするか5千万にするかは予算と相談すればいいいでしょう。

この基本をおさえたら、あとは必要に応じて車両保険を付けるだけです。

車のローンが残っている場合や壊れた車を自分の貯蓄などで修理できないという場合は、エコノミータイプの車両保険免責5万円で付ければいいでしょう。

どうですか?むずかしいことはないはずです。


任意保険への加入の仕方

補償内容が決まったらどの保険会社の任意保険にするかを決めます。

自動車保険一括見積りサイトで年齢、等級、運転者の範囲などの加入条件を入力し、各保険会社の保険料を比較してみてください。

少しでも安いところがいいという場合は、一番保険料が安い保険会社を選んでそのままネットで加入の申込みができます。

途中でわからないことがあったら、選んだ保険会社のフリーダイヤルで問い合わせれば親切に教えてくれます。

オペレーターの方はディーラー代理店よりはるかに任意保険について詳しいですよ。

インターネット契約の保険会社なら大体どこでも、支払い方法はクレジット払い、銀行振り込み、コンビニ払いから選ぶことができます。

保険会社で入金が確認されればセットした保険開始日から任意保険がスタートします。

まとめ

ネットの質問掲示板などでは代理店関係者の方々が「素人では補償を組むのは無理」などと任意保険のことをむずかしくしたがります。

でも実際は紹介したように決して難しいことはなく、毎年多くの人がネットで契約をしています。

私も、たったこの程度のことを代理店に頼むだけで保険料が何万円も高くなるのがばからしくなり、以来ずっとネット契約の任意保険を続けています。

ディーラーから高い任意保険をすすめられた時は、「任意保険はいつも自分で選ぶから」と言うようにしています。


※この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます。

保険料をコマーシャルだけで判断してはいけない

対人賠償の限度額は「無制限」が常識

対物賠償を無制限にする理由とは?

任意保険の基礎~対人賠償保険

このページの先頭へ

inserted by FC2 system