一括見積りと個別の見積りを上手に使うのが任意保険選びのコツ

任意保険に加入する場合は自分の条件や補償内容で保険料がいくらになるのかを見積りしなければなりません。

付き合いの都合などで代理店型の自動車保険に加入する場合は、代理店に見積りをしてもらうことになります。

通販型の任意保険はインターネットで契約までできるので全社が公式サイトで見積りができるようになっています。

最近では代理店型でも公式サイトで保険料を見積もれるところも見かけますが、まだその数は少ないようです。


ネットでの見積りはそんなに難しいものではない

代理店型でも通販型でも一度試してみればわかりますが、ネットで任意保険を見積もるのはそんなに難しいことではありません。

見積り用ページの親切な案内が間違いなく入力できるように導いてくれますし、重要なところは入力でなくプルダウンメニューから選べるようになっています。

専門的な用語などもクリックすれば噴出しで解説が出ますので、一通り見積りが終われば結構任意保険の勉強になったりします。

難しそうに見える補償内容ですが、継続で補償内容を変更するつもりがない場合は、現在の任意保険の保険証券を見れば簡単に選ぶことができます。

全く初めてで補償内容が不安な場合でも、サイトで紹介されている「スタンダードプラン」とか「エコノミータイプ」などという雛形をそのまま選べば簡単ですし安心です。

現在ではほとんどの保険会社が

・対人賠償⇒無制限
・対物賠償⇒無制限
・人身障害保険⇒3千万円あるいは5千万円

というパターンがスタンダードになっています。

保険会社によってはこれに搭乗者障害が加わる場合もありますが、人身障害でカバーできるので搭乗者障害は省略する方が保険料の節約になります。

車両保険をつけない場合はこれらを素直に自分の補償内容として全く心配ありません。

そして余裕があったら、せっかくですから簡単なシミュレーションもしてみてください。

対物賠償の限度額を「無制限」から「1億円」にしてみるとか、人身障害の限度額を3千万円から5千万円にしてみるとかを試してみれば、面白いことがわかりますよ。


20社以上の保険会社に一挙に見積もり依頼をすることもできる

このように個々の保険会社の見積りを行うのもそんなに難しくないのですが、もっと簡単ですごい方法が実はあるのです。

それは、自動車保険一括見積りという無料サービスで、一度の入力だけで最大22社とか20社とかに一括して見積もり依頼をするというものです。

現在自動車保険の損保会社は23社くらいのはずですから、ほとんど全社を網にかけることができます。

網をかけた保険会社全部が見積りをしてくるわけではありませんが、それ自体が絞込みになりますし、何よりも多くの保険会社の見積りをネットで一度に一覧表で比較できるのがすごいです。

自由化で自動車保険の損保会社も増え保険料もバラバラになった今では、この一括見積りが自動車保険選びに欠かせないものになっています。

更新時期に毎年利用するリピーターも多く、なんと毎年の利用者が100万人くらいになるとか。すごいですね。


一括見積りと個別見積りを使い分けることが自動車保険選びのコツ

もうお分かりでしょうが任意保険選びのコツは、紹介した一括見積りと個別見積りとを上手に使い分けることですね。

一括見積りで自分にあった保険会社を選んで決め、その保険会社の個別見積りで詳細な見積りをし契約すればいいのです。

一括見積りだけでも目当ての保険会社との契約まで進むこともできますが、1社に絞り込めたらやはり個別見積りを行って契約した方が安心だと思います。

まとめ

任意保険の保険料を見積もるには個別見積りと一括見積りの二つのやり方があります。

自分に合う任意保険を選ぶには、一括見積りで各社を比較して保険会社を決め、その保険会社の個別見積りで契約するという方法がいいでしょう。


※この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます。

任意保険 一括見積もりの注意点

一括と個別 見積の使い分け

任意保険の一括見積りで最適の保険を選ぶ

一括見積りと個別見積りを使い分ければ便利

このページの先頭へ

inserted by FC2 system