? 軽自動車にファミリーバイク特約を付ける

原付の任意保険ならファミリーバイク特約を忘れてはいけない

家族の誰かが原付バイクで通勤するようになったら保険はどうしますか?

また別居の子供さんが大学通学に125ccバイクを使うようになったらどうしますか?

原付のバイクでもバイク保険に加入すれば自動車保険並みの保険料になってしまいます。

自転車でも死亡事故が起きるのですから原付バイクなら自賠責だけでは不安。

だけども50ccや125ccの原付にいちいち何万円ものバイク保険をつけるのも大変だし・・・。

とまあ、こんな悩みの時にとても助かる取っておきのいい方法があります。

それは、軽自動車の任意保険に「ファミリーバイク特約」という特約を追加することです。


ファミリーバイク特約ほどメリットの大きい特約は無い

ファミリーバイク特約というのは任意保険の特約の一つで、任意保険加入者、その家族が原付バイクで事故を起こした場合に、対人賠償、対物賠償、自損事故障害の補償を本体の任意保険と同じ限度額で行うというものです。

単独のバイク保険で同じような補償をつけると数万円の保険料を覚悟しなければなりませんが、この特約だと6~7千円から1万数千円の保険料追加で済みます。

また、保険料が安いだけでなく、次のようにメリットがたくさんあり、自動車保険にしては珍しいほど対費用効果の高い特約です。

<ファミリーバイク特約のメリット>

・原付バイク(50cc~125cc)を運転する家族の誰でも何人でも補償対象

・別居の家族でも補償対象

・原付バイクが複数台でも借りたバイクでも補償対象

・本体の任意保険に年齢制限があってもファミリーバイク特約は年齢制限がない

・事故でファミリーバイク特約を使っても等級がダウンしない(ノーカウント事故)

こんなにメリットの大きい特約はちょっと珍しいのではないでしょうか。


ファミリーバイク特約には二つのタイプがある

上で紹介した保険料は実は「自損型」というファミリーバイク特約の場合で、このほかに「人身型」というタイプの特約もあります。

自損型と人身型の違いは、事故のときの自分や同乗者の怪我などの補償範囲です。

自損型はその名のとおり、自損事故の場合しか自分の怪我などは補償されず、同乗者も補償されません。

人身型は原付バイクにも人身障害保険をつけたようなタイプで、すべての場合に自分や同乗者の怪我などが補償の対象となります。

当然ですが保険料は補償範囲の広い人身型の方がかなり高くなります。

どちらのタイプを選べばいいのかということになりますが、

まず、50ccの原付(第一種原付)だったら二人乗り禁止ですので自損型で充分ではないでしょか。

自損事故以外での怪我が心配であれば、生命保険や傷害保険、労災などでカバーすることもできます。

ただし、125ccの原付(第二種原付)で二人乗りをすることが多い場合は、同乗者の怪我などもカバーされる人身型にしておく方が安心かもしれません。

人身型は保険料が高くなるといっても、単独のバイク保険で人身障害をつけるよりは充分安い保険料になるはずです。

注意点は、本体の任意保険で人身傷害保険を付けていないとファミリーバイク特約の方も人身型を選べないことです。

また保険会社によっては、自損型しか選べないところもありますので事前に確認が必要です。


電話一本でファミリーバイク特約を追加できる

ファミリーバイク特約が便利なのは、任意保険の契約期間の途中でも追加できることです。

特約追加は自動車保険の契約の変更になりますが、手続き自体は面倒なものではありません。

電話で「ファミリーバイク特約を追加したい」と申込みを行えば、受け付けられた瞬間から特約が有効になります。

あとは銀行振り込み、コンビニ払いなどの指定する支払い方法で追加の保険料を支払うだけです。

満期になったら、ファミリーバイク特約をつけた加入条件で一括見積りをすれば、特約つきで更に保険料を安くすることもできるかもしれません。

まとめ

家族が原付バイクを運転する場合に軽自動車の任意保険に追加できるファミリーバイク特約は、本当にメリットの大きい特約です。

この特約には二つのタイプがありますが、50cc原付なら「自損型」というタイプで充分だと思います。

125cc原付で二人乗りが多い場合は「人身型」を選んでおけば安心でしょう。

ファミリーバイク特約は満期の前でも電話申込みなどですぐに追加することができるのも便利です。

このページの先頭へ

inserted by FC2 system inserted by FC2 system