これだけは外せないという最低限の任意保険を考えてみる

「本当の足代わりの中古軽自動車だから最低限の補償内容にして保険料を安くしたい」

「農用軽トラであまり公道を走らないが万一のため最低限の任意保険を付けておきたい」

軽自動車のユーザーにはこのように、いざという時に困らない最低限の補償をつけて、できるだけ安い任意保険にしたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

今は自転車(じてんしゃ)でも人身事故で1億円近い損害買収が請求される時代です。

いくら安いとはいえ、また農業用とはいえ、軽自動車はれっきとした車。自賠責保険だけで走るのは危険すぎます。

そこでこのような場合には、最低限必要な備えとしてどんな補償内容の任意保険にしたらいいのか考えて見ましょう。


相手方への補償~対人賠償、対物賠償

まず絶対必要なのが相手方の損害に対する賠償。

一番重要なのが対人賠償です。これは迷うことなく限度額を「無制限」にするべきです。

チャリンコの事故でも死亡事故になれば1億円ですよ。この対人賠償の限度額は下手に削るべきではありません。

任意保険の一番重要な賠償ですからともかく「無制限」にしておきましょう。

次に対物賠償ですが、これは普通車の場合でも「無制限」ではなく1億円とかにしているケースがあるかもしれません。

でもあえてはっきり言えば、対物賠償の場合も限度額を「無制限」から1億円などに削るのは、下手な節約というか、危険な節約だと思います。

限度額を「無制限」から1億円にしても年間の保険料の節約は1,000円にもなりません。

月々にすれば80円足らずの保険料追加で無制限にできるのですから、コストパフォーマンスを考えれば対物保障も「無制限」にした方が断然お得ということになります。


自分のケガなどの補償~人身障害保険

事故のときの自分のケガなどの補償として、任意保険には人身障害保険搭乗者障害保険とがあります。

最低限の補償ということになれば、人身障害保険だけで充分であり、搭乗者障害は必要ありません。

人身傷害保険は、完全カバータイプとして登場し各社に広まった補償で、運転者、同乗者、家族の実際の損害額を、過失割合に関わらず全額補償してもらえるというものです。

示談成立に関係なく損害額が確定すれば補償してもらえるため、これをつけておけばもう一つの搭乗者障害の方は必要ないと思います。

搭乗者障害は運転者、同乗者のケガなどに対して定額で一時金的に支払われるものです。

確かにこれを付けておけば人身障害の保険金のほかに搭乗者障害の保険金も出るのですが、人身障害への上乗せになってしまうので最低限の任意保険では必要がないと思います。

レンタカー会社なども人身障害が出てからは搭乗者障害をすべて人身障害に切り替えているといいます。

人身障害保険でも限度額の設定がありますが、できれば5千万円にしておきたいものです。


車両の損害の補償~車両保険

残るは車両の損害が補償される車両保険ですが、最低限の任意保険の場合はこの車両保険も省略するのが筋でしょう。

中古の軽自動車や軽トラックの場合は、事故で大きい損害が出てもせいぜい例えば数十万円といった程度の損害で 済むことが多いのではないでしょうか。

対人賠償のように億単位の損害となれば自分の貯蓄などではどうにもならないレベルですが、この程度の損害であればいざという時は自分で何とかするという判断も可能だと思います。

新車の軽自動車の場合でも車両保険をつけていない方も結構いますよね。

最低限の補償ですから車両保険は省略としましょう。


その他~弁護士特約など

信号停止中に追突されるなど自分の過失がゼロの事故の場合は、本人に代わって保険会社が示談交渉をすることができなくなります。

加入保険会社から保険金が出ないときは、保険会社は交渉などのために動くことが一切できないからです。

このような時のため、300万円ほどの弁護士費用特約を付けておくと安心なのですが、最低限の任意保険としてはどうすればいいものか悩ましいですね。

これをつけておけば上のような「もらい事故」の示談交渉を保険からの費用で弁護士にやってもらうことができます。

対物賠償のところで紹介した費用対効果のことを考えれば、最低限の任意保険の場合でもつけておくべきということになるでしょうか。

まとめ

以上をまとめると、任意保険料を安くするための最低限の補償内容というのは次のようなメニューになります。

①対人賠償:無制限

②対物賠償:無制限

③人身障害:5千万円

④弁護士費用特約:3百万円

いかがでしょうか。だいぶスッキリしたメニューになりました。

このメニューで安い通販型の任意保険を見積もると、2万円を切る保険会社もあるかもしれません。

最低限とはいえ、必要なものはしっかりとついている安心なプランです。


※この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます。

任意保険の基礎~対人賠償保険

軽自動車の任意保険プランの賢い選び方

対物賠償を無制限にする理由とは?

対物賠償「無制限」は軽自動車の場合も必要なのか?

このページの先頭へ

inserted by FC2 system inserted by FC2 system