21歳以上、26歳以上、30歳以上、35歳以上に達する時が節目になる

軽自動車の任意保険では、運転する人の範囲を限定することによって保険料を割安にすることができます。

家族限定、夫婦限定、本人限定というのが通常の限定の仕方で、この順に保険料は安くなります。

この運転者の限定に加えて、年齢の限定というのもあり、通常は、21歳未満不担保(21歳以上を補償)、26歳未満不担保(26歳以上を補償)、30歳未満不担保(30歳以上を補償)、35歳未満負担保(35歳以上を補償)という4段階になっています。

生命保険の場合は年齢が上がれば保険料が高くなるようですが、自動車の保険は運転者の年齢が上がれば事故のリスクが減り保険料が安くなるというしくみになっています。

注意しなければいけないのは、年齢というのは毎年淡々と積み重なるものなので、任意保険の年齢条件の節目になってもつい変更の手続きを忘れがちになることです。


年齢条件の変更を忘れていると保険料の払い過ぎになってしまう

例えば、32歳の夫と29歳の妻が夫婦限定の任意保険に加入している場合、妻の誕生日が来て30歳になれば、夫婦二人とも30歳以上になりますので

26歳未満不担保(26歳以上を補償)⇒30歳未満不担保(30歳以上を補償)

という年齢条件の変更を行えば1段階保険料を安くすることができます。

ところが私たちはいつも自動車保険のことばかりを考えて生活しているわけではありませんので、ついこの変更に気付かず、気がついたときは保険料の払いすぎになっていたということになりがちです。

通販型はもちろんですが、代理店型であっても「今度の誕生日で30歳以上補償になりますよ」と教えてくれることはありません。

自分で気付いて自分で保険会社に連絡し変更するしかないのです。

こういう私もまだ自動車保険に詳しくなかったこともあり、3歳年下の妻が32歳になるまで年齢条件の変更を忘れていたことがあります。

忘れないためのいい方法はなかなか思いつかないのですが、カレンダーの誕生日マークを車の形にしたりすればいいのでしょうか。

また、逆の意味で気をつけなければならないこともあります。

それは子供が免許を取って軽自動車を運転するようになった場合です。

この場合は、年齢条件を子供の年齢に合わせて変更しなければチョイ乗りなどで子供が事故を起こしても、全く補償が行われないということになってしまいます。

「うちの軽は任意保険に入っているからOKなんだ」なんて安心していると大変なことになってしまいます。

さっきとは逆の保険料が高くなってしまう変更ですが、これも忘れてはいけない重要な変更ですね。


任意保険の年齢条件はいつでも変更することができる

「更新のはがきが来た時に任意保険の内容をチェックしているからいいんだ」と考えている方もいるかもしれません。

でも年齢条件による節約の観点からすると、それでは「まだ甘い」ということになります。

というのは、年齢条件の変更は満期前の保険期間途中のいつでもできる契約変更だからです。

妻が4月に30歳になったのに年齢条件の変更が満期の10月になれば、半年分の差額が保険料の無駄使いになってしまいます。

やはりカレンダーの誕生日マークを見て、すぐ保険会社に電話するようにしましょう。

まとめ

軽自動車の任意保険では年齢条件を付けることによって保険料を節約することができます。

年齢条件は年齢になる誕生日が来ればすぐに有利な方に変更できるので、忘れずに保険会社に連絡するようにしましょう。

年齢の若い子供が免許を取って軽を運転するようになった場合も、直ちに保険会社に連絡を入れましょう。

===========================================================
軽自動車の任意保険を各社比較で選ぶ トップページへ軽自動車の任意保険について基本から確認したい方、安くて安心な保険を選びたい方はトップページから詳細を確認してみてください。オススメの任意保険比較サイトも紹介しています。
===========================================================

このページの先頭へ

inserted by FC2 system