3億円を超える賠償金の請求が珍しくなくなった

先日テレビ番組で自転車保険の話題になり、子供が乗る自転車にぶつけられて死亡した方の損害賠償額9千万円が子供の母親に請求されたという実例が紹介されていました。

チャリンコの事故で9千万円です。ホントに人身事故というのは何があってもおかしくありません。

車の人身事故でも、1億円どころか4億円に迫る損害額の裁判所認定も珍しくなくなっています。

死亡事故の場合の損害賠償額が大きくなるのは「逸失利益」の賠償があるからです。

この逸失利益は、被害者が平均余命まで生き続けた場合に得られるであろう一生涯の収入金額を基に算出されますので、年齢、職業、年収などによってかなり高額になることがあるのです。

このような、相手方を怪我させたり死亡させたりした時のために備えるのが対人賠償保険です。

事の重大さ、与える損害額の大きさを考えれば、車の任意保険の中でもっとも重要な保険と言っていいでしょう。

この対人賠償の限度額については、今では「無制限」が常識のようになっています。

どの保険会社のおススメプランでも例外なく「対人:無制限」となっています。

改めて整理してみると、対人賠償を無制限にするべき理由は大きく分けて二つあると思います。


車は多くの人を傷つける危険がある乗り物

自転車でも死亡事故が起こるようになりましたが、自転車の場合はどんなに大きい事故でも相手方は1人あるいはせいぜい数人というところでしょう。

ところが車体重量が重くスピードの出る車の場合は、状況によって大勢の人を傷つけてしまう危険があります。

対人賠償を無制限にするべき一番の理由はこの点だと思います。

自転車保険の補償限度額には1億円や2億円などという例もありますが、自動車保険の場合は無制限にしておかないと損害をカバーしきれないことになります。

京都祇園で20人近い方が死傷したワゴン車暴走事故はまだ記憶に新しいところですが、その後も子供の通学の列に突っ込むなどの事故が後を絶ちません。

身近な例でも、職場の上司の長男が車ではありませんがバイクで女子学生の列に突っ込んで何人も怪我をさせるという事故があり、修羅場を見たことがあります。

任意保険に入っていない人も問題だと思いますが、このような危険をはらんでいる車を不十分な賠償能力しか持たずに乗り回すことは社会的無責任だといえるでしょう。

かつて稀に見られた「死亡事故でも自賠責で3千万円出るし過失割合もあるだろうから1億円の限度額でいいか」などといういかにも知った風の考え方はとても危険で、見かけたとしても参考にしてはいけません。


年間数百円を惜しんで大きいリスクを残してはいけない

対人賠償を無制限にするべきもう一つの理由は、例えば1億円の限度額を無制限にしてもたった年間数百円しか保険料が高くならないからです。

5千万円を無制限にしても似たようなものになります。

たった年間数百円を惜しんだがために、何億ものリスクを残してしまったのでは本当に割に合いません。

各保険会社もこの辺のところをアピールしてくれれば悩む人も減ると思うのですが。

対人賠償を無制限にしないというのは、たった50円を惜しんでサーロインステーキより50円安いカレーライスの方をあえて食べているという風に見えてしまいますね。

まとめ

対人賠償保険は任意保険の中で最も重要な補償です。

車というのは軽自動車であろうとも自分の意志に関係なく大勢の人を傷つけてしまうリスクのある乗り物です。

そのような事故の場合の補償支払能力を備えずに車を乗り回すことは社会的に無責任だと言われてもしかたがないでしょう。

たった数百円の保険料を惜しんでいざという時の大きなリスクを残してしまわないよう、対人賠償保険の限度額は迷わず「無制限」にしておくべきです。

何があっても「対人」と聞いたら「無制限」と合言葉のように覚えておけばいいでしょう。

※この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます。

任意保険の基礎~対人賠償保険

軽の任意保険で最低限必要な補償とは

軽自動車の任意保険、初心者が注意すべきこと

===========================================================
軽自動車の任意保険を各社比較で選ぶ トップページへ軽自動車の任意保険について基本から確認したい方、安くて安心な保険を選びたい方はトップページから詳細を確認してみてください。オススメの任意保険比較サイトも紹介しています。
===========================================================

このページの先頭へ

inserted by FC2 system