「安かろう悪かろう」の言い方には根拠があるのか

任意保険の「安かろう悪かろう」が本当かどうかを徹底検証

車の保険として保険料の安い通販型にしようかと思っても、ネットの掲示板などの「安かろう悪かろう」などというコメントが気になってなかなか踏み切れないというケースも少なくないでしょう。

ネットの質問掲示板、例えばyahoo知恵袋で「自動車保険」と検索すると10万件を超えるQ&Aがあり、自動車保険に関して様々な悩みや疑問を持っている方が意外に多いことに驚かされます。

                                    続きを読む...

   ------------------------------------------------------------------------------------------------   

自動車保険の事故対応の実態

格安の通販型任意保険を「安かろう悪かろう」として非難する根拠として、事故対応が挙げられることが多いです。

ネットでは代理店関係者の方々が「事故のことを考えたら通販型はやめた方がいい」「通販型は事故を起こさない人が入る保険」「通販型は保険金の出し渋りが心配」などと、いかにも通販型は事故対応が拙劣で保険金の不払いもあり得るなような言い方をします。

逆に自分たちの代理店型については「いざというときは身近に代理店のいる代理店型の方が安心」「事故現場に代理店が駆けつけるから安心」などと、いかにも事故対応は代理店が間に入る代理店型の方が安心ですよというような言い方をします。

                                    続きを読む...

   ------------------------------------------------------------------------------------------------   

代理店の事故対応が禁止される理由

自動車保険の代理店について、事故の時の示談交渉などの事故対応もやってくれるというイメージを持っている方が結構多いのではないでしょうか。

ネット等で「いざという時は代理店型が安心」とか「代理店が事故現場に駆けつける」などというコメントが多いものですから、なおさらそのようなイメージが強くなるのかもしれません。

でも実は、代理店が行う示談交渉などの事故対応は弁護士法72条に抵触する違法行為になるのです。

                                    続きを読む...

   ------------------------------------------------------------------------------------------------   

通販型任意保険の「落とし穴」とは何か

代理店関係者の方がネットのQ&Aで通販型の任意保険を非難する時の言い方の一つに、

「安さに惹かれて通販型に加入すると落とし穴に嵌る」

というのがあります。

具体的にいくつか引用してみると、

                                    続きを読む...

   ------------------------------------------------------------------------------------------------   

「通販型は出し渋りが心配」は本当なのか?

ネットのQ&Aなどで「格安の通販型はいざというときの保険金出し渋りの心配がある」という趣旨の回答を見かけることがあります。

また「事故の時のことを考えたら通販型はやめた方がいい」というような回答もかなり多く見かけます。

まるで通販型の任意保険は、事故が起こって保険金の請求をしてもまともな保険金支払いが行われないかのような言い方ですね。

このような回答をするのは専業の代理店の方がほとんどのようですが、本当にこのような「保険金出し渋り」のようなことがあるものでしょうか。

                                    続きを読む...

   ------------------------------------------------------------------------------------------------   

「事故を起こせば捨てられる」は本当か

ネット等で代理店関係者の方が、商売敵の通販型自動車保険のことを悪し様に言うときのパターンのひとつに、

「通販型は一度事故を起こすと次から更新を拒否される」

という言い方があります。

「事故を起こせば捨てられるのが通販型」

「事故で保険を使うと翌年は契約させてもらえないとか通常では有りえない仕打ちにも会います。」

                                    続きを読む...

   ------------------------------------------------------------------------------------------------   

通販型を選びたい人達を脅す専業代理店

yahoo知恵袋などで、通販型への加入を考えている人に対して、代理店の方が答えるの回答には次の引用のようなパターンがとても多いです。

言い方は色々ですが、ほぼ同じような趣旨で「自動車保険の知識がないなら通販型はやめなさい」と言っているコメントをたくさん見かけます。

まずは典型的な回答例を引用してみますので、どんなものか読んでみてください。

                                    続きを読む...

   ------------------------------------------------------------------------------------------------   

通販型に加入している人は100人中7人だけ

代理店関係者、中でも専業代理店の方が通販型自動車保険について述べるときに「通販型への加入者は100人中7人だけ」「通販型の加入率は7パーセントだけ。どちらがいいと思いますか」というような言い方をすることが結構多いです。

具体例をいくつかYahoo知恵袋から拾ってみると、

「現在ダイレクト自動車保険の契約率は、約7%です。多いですか?少ないですか?」
「自動車保険を通販型で加入してる人は10%もいません。
それだけリスクが高い契約と言うことです。」
「10台車があっても加入してるのは1台位・・・」

などといった具合です。

                                    続きを読む...

   ------------------------------------------------------------------------------------------------   

こんなことに保険料を払いたいと思いますか?

代理店型自動車保険の保険料には勧誘を行う代理店のマージン(代理店手数料)、社員の営業のための経費などが含まれていて、それが保険料が通販型より高くなる原因になっています。

代理店のマージンについては別のページでとりあげますが、ここでは自動車保険を販売する損保会社の営業とはどんなものかをとりあげてみましょう。

自動車保険では日本最大手の代理店型損保の例です。

などといった具合です。

                                    続きを読む...

   ------------------------------------------------------------------------------------------------   

トンネル代理店を無くせない代理店型のジレンマ

自動車保険の専業代理店の方々は、自動車ディーラー、修理工場などの片手間代理店や事故を保険会社へ取り次ぐだけの弱小?代理店のことを「トンネル代理店」と呼んだりします。

そして、「トンネル代理店で任意保険に加入してはいけない」「ディーラー代理店で加入すれば通販と同じ」などといって自分たちプロ代理店での任意保険加入を勧めます。

プロ代理店からみれば、このようなトンネル代理店はマージンを取るだけで代理店としての存在価値が無いということなのでしょう。

でも保険会社から見れば、また話が変わってきます。

                                    続きを読む...

   ------------------------------------------------------------------------------------------------   

このページの先頭へ

inserted by FC2 system