補償の内容を決めるのはむずかしいことではない

対物賠償を無制限にする理由とは?

この頃の任意保険では、対人、対物とも「無制限」というのが当たり前のようになってしまいました。

各保険会社がおすすめの標準プランでも、ほとんど対人、対物とも無制限になっているようです。

対物賠償の無制限というのは直感的にその必要性を理解できますが、対物賠償の場合は「人ではなく車が相手なのだから1千万円もあれば大丈夫ではないか」と考える方もいるかも知れません。

かく言う私も全労災のマイカー共済の頃は対物を無制限でなく1千万円にしていました。

現在はこれから説明する理由で無制限にしていますが、この対物賠償の限度額を「無制限」にした方がいい理由は二つあると思います。

    続きを読む...

   ------------------------------------------------------------------------------------------------   

人身障害保険の付け方

人身傷害保険というのは、車の任意保険のメニューのひとつで、運転者側の怪我などの損害を補償する保険です。

この人身傷害保険には、

・示談成立前に過失割合に関係なく保険金が受け取れる。
・実際に被った損害額を実額で補償してもらえる。
・車に乗っていない時の事故でも補償してもらえる。

というメリットがあるので、自由化後に東京海上から発売されるやまたたく間に各社に広がり、今では約8割の加入率になっているそうです。

    続きを読む...

   ------------------------------------------------------------------------------------------------   

車が2台になる時の任意保険の注意点

家族がセカンドカーを購入するなど、一家に車が2台ある家庭は結構多いのではないでしょうか。

共働きの家庭などは夫婦それぞれが自分の通勤用の車を持つことも多いようですね。

任意保険は車1台ごとの契約ですから、2台になれば当然任意保険も2台分の契約となります。

2台目の任意保険をセットする時に忘れていると損をしてしまう大切なポイントを整理してみましょう。

    続きを読む...

   ------------------------------------------------------------------------------------------------   

任意保険の車両保険は免責金額がポイント

新車を購入し車両保険もバッチリつけたから、これからはどんな修理でも財布が痛くなることは無い。

こう思っている方は、例えば車を擦ってしまい修理費6万円をせっかくの車両保険で賄おうとすると、保険屋さんから「保険を使うと等級ダウンで翌年から保険料が大幅に上がるので自前で修理した方が得ですよ」と言われショックを受けるかも知れません。

「一体何のための車両保険なの」と言いたくなりますが、これは事実なのです。

車両保険というのはなぜこんなことになってしまうのでしょうか。

    続きを読む...

   ------------------------------------------------------------------------------------------------   

任意保険の人身障害は画期的な補償

人身障害補償保険は事故による運転者側(家族、同乗者を含む)の怪我などがほぼ完全にカバーされる補償です。

自動車保険など保険の自由化が行われた1998年に東京海上(当時)から初めて販売されて、今ではすっかり業界のスタンダードになりました。

人身障害補償が画期的だといわれるたのは、運転者側の被害者が十分な補償を受けられると同時に、加害者とのわずらわしい交渉を保険会社が肩代わりしてくれるという全く新しいタイプの補償だッたからです。

    続きを読む...

   ------------------------------------------------------------------------------------------------   

軽自動車の任意保険プランの賢い選び方

初心者に限りませんが、軽自動車の任意保険で一番わかりにくいのが補償の選び方ではないでしょうか。

そのためか、各保険会社では何通りかの補償プランをモデルとして用意して顧客が選びやすいようにしているケースが多いようです。

でも保険会社によってプランの名称も様々、補償メニューも微妙な違いがあったりで、素人がすぐに納得して選べるようになっているとは言い難いと思います。

軽自動車に任意保険を付けるとき、これら各社のおすすめ補償プランをどんな観点から見て、どのようなプランを選べばいいのでしょうか。

    続きを読む...

   ------------------------------------------------------------------------------------------------   

軽自動車にファミリーバイク特約を付ける

家族の誰かが原付バイクで通勤するようになったら保険はどうしますか?

また別居の子供さんが大学通学に125ccバイクを使うようになったらどうしますか?

原付のバイクでもバイク保険に加入すれば自動車保険並みの保険料になってしまいます。

自転車でも死亡事故が起きるのですから原付バイクなら自賠責だけでは不安。

だけども50ccや125ccの原付にいちいち何万円ものバイク保険をつけるのも大変だし・・・。

とまあ、こんな悩みの時にとても助かる取っておきのいい方法があります。

それは、軽自動車の任意保険に「ファミリーバイク特約」という特約を追加することです。

    続きを読む...

   ------------------------------------------------------------------------------------------------   

軽の任意保険で最低限必要な補償とは

「本当の足代わりの中古軽自動車だから最低限の補償内容にして保険料を安くしたい」

「農用軽トラであまり公道を走らないが万一のため最低限の任意保険を付けておきたい」

軽自動車のユーザーにはこのように、いざという時に困らない最低限の補償をつけて、できるだけ安い任意保険にしたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

今は自転車(じてんしゃ)でも人身事故で1億円近い損害買収が請求される時代です。

いくら安いとはいえ、また農業用とはいえ、軽自動車はれっきとした車。自賠責保険だけで走るのは危険すぎます。

そこでこのような場合には、最低限必要な備えとしてどんな補償内容の任意保険にしたらいいのか考えて見ましょう。

    続きを読む...

   ------------------------------------------------------------------------------------------------   

軽自動車の車両保険、どうすればいい?

車両保険は、支払われれる補償金額から見ると任意保険の中で最も保険料の高い保険です。

保険会社や車種によっては、車両保険を追加するだけで保険料が2倍近くになる場合もあります。

そのため一頃までは、「軽自動車は価格が安いから車両保険までは付けなくていいか」という方が多かったと思います。

でも近頃の軽自動車は車両価格が高いものが多くなって、コンパクトカーより値段が高くなることが珍しいことではなくなりました。

特に新車を購入する場合は、普通車並みに「車両保険はどうしたものか」と悩むことが多くなったのではないでしょうか。

    続きを読む...

   ------------------------------------------------------------------------------------------------   

対人賠償の限度額は「無制限」が常識

先日テレビ番組で自転車保険の話題になり、子供が乗る自転車にぶつけられて死亡した方の損害賠償額9千万円が子供の母親に請求されたという実例が紹介されていました。

チャリンコの事故で9千万円です。ホントに人身事故というのは何があってもおかしくありません。

車の人身事故でも、1億円どころか4億円に迫る損害額の裁判所認定も珍しくなくなっています。

このような、相手方を怪我させたり死亡させたりした時のために備えるのが対人賠償保険です。

事の重大さ、与える損害額の大きさを考えれば、車の任意保険の中でもっとも重要な保険と言っていいでしょう。

この対人賠償の限度額については、今では「無制限」が常識のようになっています。

どの保険会社のおススメプランでも例外なく「対人:無制限」となっています。

改めて整理してみると、対人賠償を無制限にするべき理由は大きく分けて二つあると思います。

    続きを読む...

   ------------------------------------------------------------------------------------------------   

対物賠償の「無制限」 軽自動車の場合も必要なのか

普通車の場合はどの保険会社でも対物賠償の上限額は「無制限」がスタンダードになっているようです。

各社の見積りサイトを試してみると、ほぼどのサイトでも「おススメプラン」「エコノミープラン」など名称の違いはありますが対物賠償は「無制限」になっています。

では、軽自動車の場合も標準は無制限と考えるべきなのでしょうか。

中には普通車の場合であっても「高級外車でも3千万円もあれば賠償できる」という考えで上限額を3千万円や5千万円にしている方もあるようです。

ましてや軽は車体の重さやスピードから考えて、無制限にしなくてもいいのではないか、無制限にしない方が保険料の節約になるのではないかと考える向きもあるかもしれません。

    続きを読む...

   ------------------------------------------------------------------------------------------------   

===========================================================
軽自動車の任意保険を各社比較で選ぶ トップページへ軽自動車の任意保険について基本から確認したい方、安くて安心な保険を選びたい方はトップページから詳細を確認してみてください。オススメの任意保険比較サイトも紹介しています。
===========================================================

このページの先頭へ

inserted by FC2 system