任意保険は比較して見ないと良さがわからない

2000年代に入ってからの任意保険(自動車保険)は、いわば自由競争の時代に突入したといっていいでしょう。

国(金融庁)の免許・監督の基に様々な保険商品が企画、販売され、各損保会社がそれぞれの特色を打ち出して競争を行っています。

このような自由化の前には考えられなかった選択の幅ができたのは、まさに自由化のありがたい恩恵だと思います。

損保会社の特色、特長については、一言では簡単に言い表せない面もあるので、ここでは、各社の任意保険商品を中立的な立場からそれぞれレビューを行うという形で各社の比較を試みています。

なお、紹介するレビューの順番は全くのランダムですのでよろしくお願いいたします。

   -------------------------------------------------------------------------------------------

イーデザイン損保~東京海上グループの通販型

イーデザイン損保は2009年6月に営業を開始した一番新しい損保会社です。

通販型の任意保険を販売する東京海上グループの損保会社で、登場時は「えー、代理店型最大手の東京海上が通販型に参入するの?」と驚いたことを記憶しています。

イーデザイン損保が立ち上がる何年か前に、東京海上の社長が通販型自動車保険のシェアはまだまだ小さく眼中にないと言うようなコメントをしていたので、日本の自動車保険トップシェアの東京海上は代理店型一本で行くものだと思っていたからです。

毎年じわじわとシェアを伸ばす通販型を見て、さしもの東京海上もこのままでは行けないと考えたのでしょうか。

    続きを読む...

   -------------------------------------------------------------------------------------------

三井ダイレクト~ブルー免許でも安くなる

三井ダイレクトは2000年6月に国内損保としては2番目になるリスク細分通販型自動車保険の販売を始めました。

名称からも分かるように旧三井住友海上グループホールディングス㈱を親会社とする自動車保険、バイク保険、自転車保険などを扱う損保会社です。

2007年には、免許を持っているがマイカーを持っていない人向けの「eドライバー保険」というネット専用保険も販売開始しています。

後述するように、加入条件によっては保険料が最安レベルになる通販型任意保険の一つです。

    続きを読む...

   -------------------------------------------------------------------------------------------

通販売上NO.1~ソニー損保の自動車保険

ソニー損保の自動車保険といえば、「○年間通販売上ナンバーワン」「保険料は走る分だけ」というテレビCMのキャッチコピーが思い浮かびます。

1999年9月、国内損保としては最初に通販型の自動車保険の販売を始めたソニー損保は、先行の利があったからでしょうか現在でも通販型の中では売上のトップを続けています。

公式ページがアピールする特徴は、「365日即日対応の事故解決サービス」、「全国約9,000ヵ所の拠点のロードサービス」、「保険料は走る分だけ」の3点になっています。

これら3つの特徴を順に検証してみました。

    続きを読む...

   -------------------------------------------------------------------------------------------

アクサダイレクトの任意保険

アクサダイレクトの自動車保険は、いわゆる外資系の損保会社が販売する自動車保険です。

ネットでは「外資系は撤退の可能性がある」などという、外資系通販型を眼の敵にしたようなコメントを見かけることがありますが、ホントに困ったものです。

外資系であろうが国内損保であろうが、自動車保険は国の厳格な認可、監督の元に行われる保険事業であり、小売業などのように簡単に出店したり撤退したりできるようなものではありません。

ましてやアクサダイレクトは、世界56ヵ国で保険事業等を展開している世界最大級の保険・資産運用グループAXAの一員であり、ノウハウなどは国内損保よりはるかに優れている可能性さえあります。

リスクのことを言うなら、むしろこれまで多額の保険金不払いを続け金融庁から営業停止などの処分を受けてきた国内大手損保の方がはるかにリスクが大きいと言わざるを得ません。

    続きを読む...

   -------------------------------------------------------------------------------------------

おとなの自動車保険~セゾン損保

香川照之さんのテレビCMでお馴染みのおとなの自動車保険。

この自動車保険を一言で言うとすれば「とてもユニークな自動車保険」ということになると思います。

名称だけでなく保険料の決め方や補償、特約の選び方など、他社の通常スタイルの自動車保険には見られないユニークな特徴を持つ任意保険です。

ターゲットも40代、50代と明確であり、他社には無い切り口で差別化を図っている任意保険だと思います。

    続きを読む...

   -------------------------------------------------------------------------------------------

チューリッヒの自動車保険~ロードサービスは業界最高レベル

スーパー自動車保険を販売するチューリッヒ保険会社は、1872年スイスで設立され、世界170ヶ国以上で保険商品・サービスを展開しているチューリッヒ・インシュアランス・グループの、アジアにおける重要拠点になっている保険会社です。

自動車保険自由化とともに1998年から「スーパー自動車保険」を販売しており、自動車保険のほかにバイクの保険、傷害保険、交通傷害保険、企業向けの各種損害保険などを扱っています。

いわゆる外資系の保険会社ですが、グローバルな展開を背景にした専門知識やノウハウを活用した自動車保険は、ダイレクト系の中でも高い評価を得ています。

    続きを読む...

   -------------------------------------------------------------------------------------------

AIUの自動車保険~真の顧客本位とは?

AIUと言えば、J.D. パワー アジア・パシフィックが毎年実施している自動車保険事故対応満足度調査で6年連続NO.1になっている損保会社として有名です。

一番新しい2014年の調査では、事故対応満足度調査のほか、新規加入満足度調査、契約者満足度調査でも1位になり、三冠王となっています。

これらは国際的な市場調査会社が第三者の立場から企画して行っている調査であり、6年連続NO.1というのは凄いことだと思います。

これほどの評価を受けるには、他の保険会社が追いつけないAIUだけの取り組みがきっとあるはずであり、その高評価の背景を探ってみました。

    続きを読む...

   -------------------------------------------------------------------------------------------

任意保険の満足度ランキングはどうなっているか

任意保険を選ぶときにとても参考になるのが顧客満足度調査のランキングです。

自動車保険の顧客満足度調査は、市場調査会社や自動車保険一括見積り運営企業などが例年行っており、各年のランキングを公表しています。

テレビCMなどで保険会社自身から「顧客満足度○○%」と言われても比較対象がないのでピンときませんが、第三者の客観的な調査によるランキングはやはり説得力を持っています。

このようなランキングの代表的なものをいくつか取り上げてみました。

    続きを読む...

   -------------------------------------------------------------------------------------------

このページの先頭へ

inserted by FC2 system