ダイハツ ハイゼット(軽トラ)の任意保険料を比較してみる

軽自動車 ダイハツ ハイゼット(軽トラ) 保険料

ハイゼットトラックと言えば、2010年1月から2016年12月までの7年連続で、日本国内販売のトラック(軽・小型・普通)の車名別年間販売台数で首位の座をキープしている、軽トラックの代名詞みたいな存在の4ナンバー軽自動車です。

またそのボディーバリエーションも多彩で、キャビン後方を延長したハイゼットジャンボ、リヤの荷室部分をオープンデッキにしたハイゼット・デッキバンなどは、オリジナリティーあふれるモデルとして人気を呼んでいます。

電気自動車、介護用、ハイブリッド、CNG仕様、パネルバン、ダンプ、冷凍車、消防車等々、これまでに販売されたバリエーションはなんと80種類以上になるそうです。

最近では軽トラのキャンピングカーも盛り上がっているようで、ユニークな例がテレビ番組で紹介されることも多くなりました。

軽トラックも4ナンバー軽自動車ですから、任意保険は別ページで紹介したスズキ エブリイとほぼ同じようになると予想されますが、確認の意味でまずは車両保険をつけない場合で各社を比較してみましょう。


車両保険をつけない時の保険料比較

<条件>
・対人・対物:無制限 人身障害:5千万円 車両保険:なし
・年齢:35歳以上 等級:7等級(新規加入) 免許証の色:ブルー

保険会社 A社 B社 C社 D社 E社 F社
保険タイプ 通販型 通販型 通販型 通販型 通販型 代理店型
保険料年額 34,850円 35,020円 35,630円 42,090円 44,600円 64,560円

軽自動車 ダイハツハイゼット 軽トラ

ご覧のように車両保険なしの場合では、予想通り4ナンバー軽自動車のスズキ エブリーとほとんど同じという比較結果となりました。

軽トラックだからというわけではないですが、参考までに人身傷害保険の代わりに旧タイプの搭乗者傷害保険を限度額2千万円で付けてみると任意保険料はどうなるのかを試してみました。


<条件>
・対人・対物:無制限 人身障害:なし 搭乗者障害:2千万円 車両保険:なし
・年齢:35歳以上 等級:7等級(新規加入) 免許証の色:ブルー

保険会社 A社 B社 C社 D社 E社
保険タイプ 通販型 通販型 通販型 通販型 通販型
保険料年額 33,750円 35,340円 36,290円 40,400円 48,750円

代理店型の1社が見積もり不可となり、通販型のみ5社の比較となりましたが、万能タイプの人身障害(5千万円)を従来タイプの搭乗者障害(2千万円)に切り替えても、思ったほどの保険料低減にはなりませんでした。

この結果を見ると、やはり搭乗者障害の存在意義はかなり薄れてきているんだということを感じさせられます。

人身障害の上に搭乗者障害を上乗せするくらいなら、その予算で人身障害の限度額を1億円とか無制限にする方がはるかに合理的で安心度が増すと考えられます。

エコノミー車両保険をつけた時の保険料比較

<条件>
・対人・対物:無制限 人身障害:5千万円 車両保険:エコノミー 140万円(免責金額:1回目5万円、2回目10万円)
・年齢:35歳以上 等級:7等級(新規加入) 免許証の色:ブルー

保険会社 A社 B社 C社 D社 E社 F社
保険タイプ 通販型 通販型 通販型 通販型 通販型 代理店型
保険料年額 45,020円 45,330円 45,980円 50,140円 63,190円 93,990円

軽トラックに車両保険を付けるという例はどの程度あるのか分かりませんが、エコノミータイプのものを付けた場合の比較もしてみました。

車体が頑丈に作られること、4WDであることなどで車両価格が高めとなり、保険金額はスズキ エブリイの100万円より40万円高い140万円としていますが、それでも任意保険料の違いはそれほど大きくなっていません。

軽トラックの場合はやはり乗用型の軽自動車に比べて車両保険によって修理する度合いが小さいということなのかもしれません。

一般タイプの車両保険となれば、特殊な例を除いて軽トラックに付けるというケースはほとんど無いと考えられますので、比較の方も省略します。


※この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます。

軽自動車の任意保険 車両保険はどうする?

任意保険の等級制度

===========================================================
軽自動車の任意保険を各社比較で選ぶ トップページへ軽自動車の任意保険について基本から確認したい方、安くて安心な保険を選びたい方はトップページから詳細を確認してみてください。オススメの任意保険比較サイトも紹介しています。
===========================================================

このページの先頭へ

inserted by FC2 system