ノンフリート等級制度とは

車の任意保険には、独自の制度として等級(正式名称『ノンフリート等級』)という制度があります。

ノンフリート等級というのは、等級に応じて保険料の割引、割増が行われる制度であり、運転者の自動車保険加入歴と事故回数を比べて計数化し、等級が上がるほど任意保険料の割引率が大きくなるという仕組みになっています。

この仕組みにより、自動車保険では、無事故を続ける優良なドライバーほど保険料を安くし、事故を頻繁に起こすようなドライバーの保険料を高くすることによって、優良なドライバーの不公平感を解消しているということになります。


等級制度には各社共通のルールがあります。
任意保険新規加入の場合は6等級からスタートし、無事故を1年間続ける毎に等級が1等級つづつ上がります。

最高は20等級で、20等級の場合は任意保険料が60パーセントの割引になるので、安全運転を心がけ無事故を継続すれば、年間かなりの金額の節約が可能になります。

逆に、事故を起こしてしまうと契約更新時に1事故につき3等級ずつ等級が下がることになり、翌年度の保険料が大幅に高くなってしまいます。

等級に影響しない事故等

火災・洪水・盗難等が原因の車両保険のみの事故(等級すえおき事故)の場合、翌年は等級ダウンはしませんが据え置きとなり、無事故のときのような等級アップは行われないことになります。

人身傷害保険、搭乗者傷害保険、無保険者傷害など定められた保険事故だけの場合は、等級をダウンする事故としてカウントされない(ノーカウント事故)となり、翌年は無事故の場合と同様に1等級のアップとなります。

等級は各社間で引き継がれます

等級は、引継ぎのルールも決められており、

・契約更新の際、他の保険会社に切り替えた場合
・記名被保険者を配偶者間、同居の親族間で変更する場合

などは、それまでの等級が引き継がれることになっており、また車を廃車にした場合や譲渡した場合でも、5年以内に新しい車により自動車保険に再加入すれば以前の等級が引き継がれることになります。(これを「中断」といいます。)

この等級制度こそが、最も自動車保険の性格を表している制度かもしれません。
無事故を継続すれば毎年等級が1段階ずつ上がるので、保険料節約の最も有効な手段となります。


<軽自動車の話あれこれ>
頑丈に作られすごい踏破能力を持つ農業用軽トラック。
中古車人気が高くて過走行でも多走行でもいい値が付くと期待できます。
実際、中古車販売店などで中古軽トラックを探し出すのは至難の業です。
見つかったとしてもその値段に驚くことでしょう。


※等級(ノンフリート等級)に関する参考記事はコチラ

等級プロテクト特約が消えようとしている

任意保険の等級ダウンで車両保険が使えない?

このページの先頭へ

inserted by FC2 system