自動車保険自由化で相場が二分化してしまった(通販型と代理店型)

自動車保険が完全自由化(1998年)されてから早いものでもう15年以上も経ちました。

自由化される前の自動車保険は、条件が同じなら保険料も横並びで保険会社の間の競争が無く、財務省のもとでいわゆる「護送船団方式」と言われていたものです。

ディーラー代理店などの強力な勧誘マシーンがあり、代理店に勧誘の手数料を支払えば安定的に契約が獲得でき、本当にいい商売だったのだと思います。

業界の給与水準も高くて東京海上などいつも就職先の人気ランキングで上位だったことを思い出します。

日米保険協議により自動車保険も完全自由化になると、ダイレクト系(=通販型)自動車保険というニューフェースが売り出されました。

軽自動車 任意保険 通販型

アメ○○ンホーム、アクサダイレクトなど外資系の損保が先行しましたが、ソニー損保、三井ダイレクト、損保24など国内保険会社による通販型自動車保険も続々と登場し、自由化後に新しくできた自動車保険はほとんどが通販型という状況です。

その結果、自動車保険の相場は、従来タイプの代理店型と格安保険料の通販型との二つに分かれてしまいました。

従来型の代理店での加入がまだまだ多いからでしょうか、通販型のシェアはまだ10パーセントに届いていないようですが、毎年着実にシェアを伸ばしています。

代理店型各社も通販型に続々参入

注目したいのは、代理店型損保の各社も通販型自動車保険に次々と参入していることです。

東京海上日動グループのイーデザイン損保、三井住友海上の三井ダイレクト、日本興亜損保のそんぽ24、セゾンの大人の自動車保険などとまさに続々と参入しています。

軽自動車 任意保険 通販型

ライバルであるはずの通販型の良さを代理店型損保自らが認めて販売を始め売上を伸ばそうとしています。

「安かろう悪かろうが通販型」「安い通販型は事故の時の保険金出し渋りのリスクがある」「事故の時のことを考えたら通販型は止めた方がいい」等々、ネットの質問掲示板などでは代理店関係者と思われる偏った書き込みが多いのですが、上の事実を見ればこうした書き込みは根拠のないものだということがわかります。

自動車保険で困ったことがあってネットを調べることがあっても、代理店関係者の回答やコメントにはバイアスがかかっていないか注意した方がいいと思います。

通販型の側の関係者は沈黙しているため一方的な話になっていて、この状況が何とかならないものかと思います。

各社を比較すれば自動車保険の現状がすぐわかる

上で紹介したように、自動車保険のことをネットで調べようとしても偏った情報が多くなかなか本当の姿を知ることはできません。

あれこれ調べるより、まずは無料一括見積りで各社を比較してみればどうでしょうか。

自分の実際の加入条件で各社を比べてみればホント驚きますし、勉強になります。

保険料の違いはもちろん、特約やロードサービスなどの違いも概要ではありますが知ることができます。

「人身障害を3千万円から5千万円にしたらどうなるだろう」などと試してみれば一層面白くなるでしょう。

ネットの自動車保険一括見積もりは、一回の入力で複数の保険会社を比べてみることのできる大変便利な無料サービスです。

各保険会社の見積りによって行なう保険の比較ほど安心で確実なものはありません。

自動車保険の更新の通知があったら、ぜひ一度一括見積サイトを利用して見てください。

同じ条件なのに、各社による保険料の相場の違いに驚くと思います。

同一加入条件なのになぜこんなに相場が違うのかという驚きや疑問が自分にとっての保険見直しのポイントを教えてくれるかも知れません。

===========================================================
軽自動車の任意保険を各社比較で選ぶ トップページへ軽自動車の任意保険について基本から確認したい方、安くて安心な保険を選びたい方はトップページから詳細を確認してみてください。オススメの任意保険比較サイトも紹介しています。
===========================================================

このページの先頭へ

inserted by FC2 system