一括見積と個別見積を使い分けよう

軽自動車の任意保険を自分で選ぶ場合、ほとんどの方はまず無料見積りをして保険料を確かめると思います。

この任意保険の見積りには大きく分けて二通りの方法があります。

一つは、各保険会社の公式サイトなどで行うことのできる「個別見積り」です。

自動車保険を販売している保険会社はほぼ全社が公式サイトで無料見積りが行えるようになっています。

お目当ての保険会社が決まっている場合は、その保険会社の公式サイトで必要な項目を入力すれば保険料の見積額が算出され、よろしければそのまま契約まで行うことが出来ます。

分からない点があれば無料ダイヤルのオペレーターに気軽に聞くことも出来ますし、契約する場合はこの個別見積りを利用するのが一番安心です。

注意しなければいけないのは、通販型の任意保険の場合、電話でも契約まで行えるのですが、それは絶対に避けることです。

電話での契約となるとインターネット割引の対象とならず、保険料がそれだけで8千円とか1万円とか高くなってしまうからです。

電話でのオペレーターとのやり取りは問い合わせ、質問にとどめ、契約はネットの契約ページで行うのが保険料を安くするためのポイントです。

保険会社が決まっていない場合はまず一括見積りで各社を比較

保険会社が決まっている場合は、上で述べたような流れで個別見積りで契約まで行うことができるのですが、そうでない場合は初めに保険会社を選ばなければなりません。

そのような場合に便利なのが、もう一つの「一括見積り」です。

一括見積りを利用すると、一度の入力で最大20社など数多くの保険会社に一括して見積もり依頼が出来てしまいます。

個別見積りを利用して例えば10社の見積りを比べようと思えば、いくらWEBサイトでの見積りとはいえ大変な労力と時間がかかりますが、無料一括見積りならたった一回の入力作業で10社どころかそれ以上の保険会社への見積り依頼ができるのです。

しかも自分の加入条件と補償内容による横並びの比較ができるのですから、例えば一番安いところはどこかなど、お目当ての保険会社が一発で分かります。

今ではこの一括見積りは自動車保険選びに欠かせない無料サービスになっていますから、自分で任意保険選びを行う人ならぜひ活用したいものです。

一括見積りと個別見積りを使い分ければ便利

軽自動車の任意保険を安くしたいが検討する時間がない場合など一括見積もりは大変便利です。

任意保険選びに時間が取れる場合は、一括と個別の見積もりを使い分けるという方法もあります。

「一括見積もり」と「個別見積もり」のメリットを理解して両方を上手く活用するのが、ネットでの保険選びの最良の方法かも知れません。

例えば一括見積もりで大まかな保険会社の絞り込みや候補の決定を行い、各社独自の補償などは個別見積もりで詰めていくという方法もあるでしょう。

どうしても時間がとれない場合は、一括見積もりの比較だけで保険会社を決めてとりあえず切り替えを行い、翌年の更新時に個別見積もりで独自の補償、特約の詰めを行うという方法もあるでしょう。

各社の個別見積もりサイトは、社名で検索をすればすぐ探すことができます。

契約まで進む場合は個別見積りを利用した方が良い

一括見積りサイトでは、各社の比較を行うだけでなく、お目当ての保険会社が決まればそのまま契約のページに進むことも出来ます。

でも契約まで行う場合のおすすめの方法は、一括見積りと個別見積りを上手に使い分けるという方法です。

つまり、まず一括見積りによって各社を比較して保険会社を決めます。

保険会社が決まったら、その保険会社の公式サイトで改めて個別見積りによる保険料金額を確認します。

個別見積りだと、加入条件や補償内容などで一括見積りでは出来ないような詳細な設定も可能になりますので、お目当ての公式サイトでの見積りで保険料金額を再確認するというわけですね。

その結果が納得できるものであれば、契約ページに進んでインターネット契約を行います。

上でも触れたように、入力や補償の設定などで分からない点があれば電話でオペレーターに教えてもらえるのも個別見積りの便利なところです。

繰り返しになりますが、くれぐれも「電話契約」ではなく「インターネット契約」になるよう注意してください。

任意保険 個別見積もりのメリットは?

一括見積もりは、不特定多数の人が必要最小限の入力項目によって多数の損保会社の見積もり概算を比較できることが本来の目的です。

一括見積もりが各社独自の補償設定、特約設定まで網羅できないのはやむを得ないことであり、無理にそれを実現しようとすれば入力項目が膨大になり一般の人の利用しにくいものになってしまうでしょう。


特約や補償など各社それぞれの具体的な条件を煮詰めるためには、やはり各社の個別見積もりが有用であり、一括見積りは本来の役割上この点では個別見積もりにかないません。

また、各社の個別見積もりは、詳しい個人情報を入力しなくても試算ができますし、車両保険や特定の特約を付けた場合と外した場合の比較など、条件の変更による保険料の違いも柔軟に試算できるというメリットもあります。


時間の無い人にはむずかいかも知れませんが、時間があれば、一括見積もりと個別見積もりを目的に応じて上手に活用すれば、ベストの保険選びになるでしょう。

一括見積もりの注意点

一括見積りは便利で軽自動車の任意保険選びの心強い味方になってくれますが、一定の限界もあり、利用する場合はそのことを知っておく方がいいでしょう。

注意しなければいけないのは、一括見積りの場合、各社がそれぞれ設けている独自の特約や補償は見積もりの対象から外れているという点です。


一括見積もりに各社独自の補償内容まで反映させるためには、各社の個別の特約の条件など入力する項目が膨大になります。

一括見積りサービスは、不特定多数の人が必要最小限の項目の入力によって、多数の保険会社の見積もり概算を比較することが主目的ですから、この点はやむをえないでしょう。


また、一括見積もりは提携保険会社すべての見積もりを入手できるわけではないということです。

たとえば、「最大15社」になっていても、見積もりが最終的に示されるのは9社とか6社だけということが十分にあり得ます。

これは、デメリットというよりも「見積不能」の形で自動的に保険会社が絞り込まれていると考えた方がいいのかも知れません。

人気の一括見積もりサービス

軽自動車だからといって任意保険が割安になっているとは限りません。

維持費が命の軽自動車こそ任意保険を一括見積もりでチェックしてみるべきではないでしょうか。

利用者が多い一括見積もりを当サイトの人気の順に紹介します。

◇インズウェブ

「最短5分」「最大20社」がセールスポイントで、「20社」は一括見積もりサービス最多の提携社数です。

リアルタイムでも簡単に一覧比較ができ、マイペースの検討が行えます。
免許証、車検証、保険証券を準備し、最短5分で入力完了です。

保険会社のロードサービスや事故対応についてのアンケートを行い、その結果をサイトで見ることができます。

利用者の体験口コミもサイトで紹介されており、その一つ一つにコメントがついています。


◇保険スクエアbang!

保険スクエアバン!は日本での軽自動車の保険一括見積もりの草分け的存在のサービスです。

保険スクエアバン!は、独自の「事故対応満足度ランキング」なども公表・掲載しており、見積もりの比較で最適の保険会社を選ぶ時の参考になるでしょう。

保険スクエアバン!では最大17社へ一括して見積依頼が行われます。

AIU保険、セコム損保など他のサービスでは不可能な保険会社も提携しているので、これらの会社が気になっている方は便利でしょう。

また、保険スクエアバン!は一括見積もり体験者の口コミも数多く掲載しており参考になります。


◇カービュー

カービューの軽自動車の保険一括見積もりは、大手保険会社8社と提携し、条件によって最大8社から見積もりをもらうことができます。

この8社はいずれも信頼性の高い軽自動車の保険会社ばかりで、軽自動車の保険会社各社の対応についてもカービューのSNSなどで情報収集が用意にできる点が便利で安心です。

カービュー(carview)の強みは、本来カービューが自動車情報を交換する場として利用者が多いことで、中古車情報、カーオーナー情報などのソーシャルネットワーキングサイト(SNS)を利用することができることでしょう。(会員登録必要)

一括見積もり利用の疑問・不安等についてはFAQで詳細に説明されています。

これに一通り目を通してから一括見積もりを依頼すればいいでしょう。


このページの先頭へ

inserted by FC2 system