軽自動車に車両保険を安く付ける必殺技はこれだ!

車両保険の保険料は安くはなく、確かに昔は軽自動車に車両保険を付けるかどうかは悩ましいものでした。

でも保険の自由化のおかげで通販型を上手に選べば新車の場合でも2万円台~3万円台の保険料で車両保険付の任意保険をセットできるようになっています。

結論から先に言えば、車両保険が気になるくらいなら思い切って通販型を選んで車両保険を付けてしまった方が後悔が無くていいでしょう。

年間2万円台~3万円台の保険料で車両保険を付けられるのなら決して大きい負担ではありません。

代理店型からの切り替えなら、車両保険を追加してもおつりが来るくらいの保険料です。

特に自動車ローンを組んでいる方、通勤や仕事に軽を毎日使う方などは車両保険が欠かせないと思います。

ぜひ次の方法で軽にお似合いのリーズナブルな「車両保険付の任意保険」をゲットしてください。

■軽自動車に車両保険を付けるおススメの方法

①保険料が格安の通販型自動車保険にターゲットを絞ること
(安いからといって事故対応が劣るなどという心配はありません。)

②車両保険は「一般」タイプでなく「エコノミー+限定A」タイプにすること
エコノミー+限定A・・・全範囲補償の「一般」から自損事故、当て逃げ等の補償を除いたタイプ)

③5万円の免責金額をセットすること
5万円までは保険を使わず自腹で修理するという設定)

④以上の方針で【無料】自動車保険一括見積りで各社を比較し一番安い所を選ぶこと

これがピンポイントで一番安い「車両保険付き任意保険」を選ぶ最も簡単な方法です。

この間はこの方法で弟夫婦のダイハツ ムーヴの任意保険料を半額以下にしてあげて大変喜ばれましたよ。 (56,400円/年(損保ジャパン)→24,010円/年車両保険 65万円)

その時利用した【無料】一括見積りはこれです。⇒ 【無料】最大20社の自動車保険を一括見積もり

なんと言っても全く無料、手もとに免許証、車検証、保険証券があれば5分程度のネット入力で結果が出てしまう方法です。

ぜひお試しください。「これなら車両保険が付けられる」という気になれること請け合いです。


各社の保険料比較に欠かせない自動車保険一括見積りの無料サービスは他にもたくさんありますが、人気上位の次の三つであればどれを利用しても安心でしょう。

順位    サービス           詳         細
第1位

ズバット自動車保険比較

最大20社に無料で自動車保険の見積もり依頼

各社の保険料を一覧比較できる「見積もり比較表」ももちろん無料。
ズバットIDログイン後の申込みなら入力は5分もかかりません。

第2位

インズウェブ

同種サービス最多の「最大22社」が魅力

一度の入力で最大22社に見積もり依頼できます。
入力も最短3分の簡単さで、既に600万人を超す人が利用しています。

第3位

保険スクエアBang!

最大20社、一括見積もりサービスの草分け!

入力案内が親切でシミュレーションも可能なシステムです。
見やすく分かりやすい一覧でマイペースの比較・検討ができます。

車両保険に関して知っておきたい2つのこと

軽自動車の任意保険で付ければいいのか、付けなくてもいいのかどうにも悩ましいのが車両保険ですね。

付けるに越したことはないのでしょうが、問題は費用で、保険料が高くなりすぎると維持費の安い軽自動車のメリットが損なわれてしまいます。

あなたの軽自動車の車両保険をどうするかを決断する時に基本として知っておきたいことを2点、まずは取り上げてみましょう。

<1つ目>■車両保険は保険料が高い

まず第一点目は、車両保険はどこの保険会社でも保険料が高いということです。

たとえば NBOX の新車に125万円の車両保険を付けると、保険料の割安な通販型でも一般タイプで1万5千円~2万5千円程度、リーズナブルなエコノミータイプでも8千円~1万3千円程度の保険料がかかります。

免責金額を5万円にした場合でこの保険料ですから、免責を設定しない場合は更に高い保険料がかかります。

ですから車両保険は任意保険本体の一部ではなく、本体とは別の保険だと考えるべきだと思います。

車両保険というのは対人、対物、人身障害など本体の保険とは全く別な独立した保険として付けるか付けないかを判断した方がいいでしょう。

<2つ目>■「5万円未満の修理は自腹で」と腹をくくる必要がある

2013年10月からの改正で「事故有等級」という新たなペナルティーが設けられました。

それまでも事故で保険を使えば翌年から通常等級で3等級ダウンというペナルティーがありましたが、この改正で通常の等級より厳しい「事故有等級」で3等級ダウンすることになったのです。

このことによって、数万円程度のボディー修理などで車両保険を使えば、翌年から3年間の保険料アップ額が修理費を上回り、完全に赤字になるという形になってしまいました。

「こすったり少しぶつけたりしても車両保険で直せる」という認識は完全に頭から消し去る必要があります。

つまり、5万円の免責(5万円までは自腹で修理)を設定しない車両保険ははただのお金の無駄遣いになってしまうということです。

保険料の割高な代理店型では10万円近くまでは車両保険を使わない方がお得という試算もあるくらいです。

実際には赤字になって保険を使えない5万円未満の修理のために割高な保険料を支払うことほど馬鹿げたことはありません。

「車両保険は少なくとも5万円の免責をつけて5万円までの修理は自腹で行うもの」と覚えておけばいいでしょう。

車両保険には3つのタイプがある

車両保険は、事故などで自分の車が損害を受けた場合に補償される保険です。

交通事故に限らず、火災、台風、盗難などにより損害を受けたときも補償され、装備品なども補償の対象となります。

任意保険の中で自分の車への補償が行われるのは車両保険だけです。


■車両保険の3タイプ

車両保険には、補償範囲の違いにより3つのタイプがあります。

① 一般車両保険

もっとも補償の範囲が広いタイプで、「自損事故、他車との事故、当て逃げ、転落・転倒、盗難、台風・洪水、火災・爆発、落書き、いたずら」のすべてが対象となります。

② エコノミー+限定A

一般車両保険から、「自損事故、当て逃げ、転落・転倒」が除かれたタイプです。
補償範囲が狭くなるのでその分保険料は一般車両保険よりも安くなります。
自爆事故や当て逃げの場合はあきらめるという場合、一般車両保険は支払いが厳しいがエコノミーでは補償範囲が心配だという場合などに適しています。

③ エコノミー

「他車との事故」だけに補償範囲を限定したタイプです。
相手が車であり(二輪・原付を含む)かつ事故の相手が特定できる場合のみ保険金支払いの対象となります。
保険料は3種類の中で一番安くなりますが、補償範囲はもっとも狭くなります。


■免責金額で保険料が違う

「免責金額」というのは、事故等の損害額のうち契約者が自分で負担する金額のことです。

免責金額が違えば同タイプの車両保険であっても保険料が違ってきます。

車両保険を考えた方がいい場合

車両保険

次のような特別の事情に該当する場合、また類似するような事情の場合は、軽自動車であっても車両保険へ加入することをおススメするということになるでしょう。


① 高額な新車を購入した場合

最近では軽自動車でも車種によって価格が小型車より高いものも珍しくありません。
そのような高価な軽自動車を新車で購入する場合は、事故での損害額も大きくなりますし車への愛着もあるでしょうから車両保険を検討した方がいいかもしれません。
車両保険タイプの選択や免責金額の設定は予算との兼ね合いで決めることになるでしょう。


② ローンで軽自動車を購入した場合

新車でも中古車でもローンで軽自動車を購入する場合は車両保険に加入するべきでしょう。
万が一、事故で車が全損(廃車)になれば、車がなくなってローンの支払いだけが残るということになります。
車両保険に入っていれば、最悪でもローン残金は車両保険で清算できます。
全損までは行かない場合でも、修理費のため再度のローンが不可能なことを考えればやはり車両保険に加入しておいた方が身のためでしょう。


③ 仕事や通勤で軽自動車が欠かせない場合

軽自動車が使えなくなると直ちに仕事や通勤などに支障が出るという場合、車両保険に加入しておいた方がいいでしょう。
車両保険と同時に「代車特約」を付けておけば、万一の事故で軽自動車が使えなくなっても安心です。


軽の車両保険 通常の場合どうすればいいのか

ローン購入など特別な場合は分かるとして、普通の人の場合でもやはり車両保険は加入するべきかどうか迷う場合が多いかも知れません。

簡単に言えば、万が一事故を起こしても自分の軽自動車の修理費を用意できるなら車両保険は必要ないといっていいでしょう。


この辺は人によって千差万別ですから一概にはいえないことになります。

中古車で車両価値が10~20万円程度なら車両保険を考えないが、新車(70~120万円)であれば加入しようという人もあれば、自分の車のことだから、割高な車両保険をかけるくらいならその分を貯金しておいた方が良いと考える人もいるでしょう。


車販売店など自動車保険代理店は当然車両保険をすすめるでしょうが、要は自分の支払い能力、車の価格・用途などを考えて、それそれが判断するべきものなのかもしれません。

そして、車両保険を付ける場合でも、経済性が生命線の軽自動車には、「エコノミー+限定A」が一番似合うと思います。


※軽トラックでもそうですが、便利で経済的な軽自動車は中古車を求める人もかなり多く、中古車価格も普通車に比べて値落ちが小さいのです。
中古の軽自動車を売る時は下取りを避け各社の買取査定額を比較して一番高いところに売るのがいいでしょう。
下取りで「査定ゼロ」といわれるような軽自動車にびっくりするような値段がつくかもしれませんよ。


※軽自動車の車両保険に関する参考記事はコチラ

任意保険の基礎~車両保険

任意保険の車両保険は免責金額がポイント

等級制度の改定で車両保険の役割が変わってしまった

軽自動車の車両保険のお悩み解決

===========================================================
軽自動車の任意保険を各社比較で選ぶ トップページへ軽自動車の任意保険について基本から確認したい方、安くて安心な保険を選びたい方はトップページから詳細を確認してみてください。オススメの任意保険比較サイトも紹介しています。
===========================================================

このページの先頭へ

inserted by FC2 system