軽自動車の保険料を安くしたいのなら最初が肝心

新規の任意保険、どのような形で加入しようと考えていますか?

・初めてでよくわからないからクルマ販売店に任せよう
・不安だからセールスの進めるものにしよう

このパターンだと軽自動車任意保険の相場もわからないままに保険料の15~20%といわれる代理店手数料が上乗せされた割高な任意保険に加入してしまうことになります。

新車でも中古車でも、車の販売店が任意保険をすすめるということは、その販売店が代理店型自動車保険の代理店になっているということです。

新車ディーラーだと東京海上日動の代理店になっているケースが最も多いと言われています。

住宅購入の時に不動産業者が損保会社の代理店になっていて購入者に火災保険や地震保険の勧誘をするように、車の販売でもディーラーが新車、中古車を購入する人に自動車保険の勧誘をするというわけです。

保険会社側から見れば、住宅や車などのような金額の大きい契約を行う時が、保険勧誘の絶好の機会なのです。

ディーラーから軽自動車の任意保険をすすめられれば、大きい買い物で気持ちが高揚していることもあり、

「諸経費の一部のようなものだからしょうがないか」
「任意保険はどこもこんなものかもしれない」

などと深く考えることも無くたいていの人は勧められる任意保険を契約してしまうでしょう。

もちろんディーラーは、ほかの保険会社の安い任意保険の話などしません。

軽自動車の任意保険はこれしかないと言わんばかりのような勧誘をします。

スミセイの外交員がニッセイにはこんな保証があるなんて説明しないのと同じです。

それが保険代理店の勧誘なのです。

このことが「うちの軽の保険料は高くない?」と疑問に思ったり悩んだりする人を作り出している一番の原因だと思います。

現に弟夫婦の例がまさにそうでした。


「任意保険の方は考えている所があるので」と一言言えばよい

初めから軽自動車の任意保険料をリーズナブルなものにしたいのなら、ディーラーの勧誘に対して、

「自賠責はお願いしますが任意保険は考えている所があるので・・・」

と一言いえばいいのです。

そう言えばディーラーの担当の方は「どこか義理のある代理店があるのだろう」とか「ダイレクト系で自分で任意保険を契約するのだろう」などとすぐに訳を察するでしょう。

それこそ任意な保険なのですから遠慮することは全くありません。

任意保険の契約は車の購入契約と一緒にやらなければならない訳でもありませんし、インターネットや電話でのダイレクト契約なら納車の前に契約が済んでしまうかもしれません。


一括見積りは初心者にとっても心強い味方

ディーラーに一言言って任意保険を自分で決めることになったら、次は無料一括見積りで各保険会社の任意保険を比較する段取りになります。

今では一つの一括見積りで20社程度に見積り依頼できるのが普通になっていますから、一度のネット入力で多くの保険会社に網を掛けることができます。

あとは画面の一覧比較で一番保険料が安い所、無料サービスが一番充実している所など、自分の望みにある保険会社を選んで契約すればいいのです。

一括見積りのサイトから契約まで進むこともできますが、保険会社が決まったらその保険会社の公式サイトへ行って契約するのもいいでしょう。

この方法だと、わからない点をフリーダイヤルで教えてもらいながら契約まで行けるというメリットがあります。

入力中にわからないところが出てきたら、画面をそのままにしてフリーダイヤルし、オペレーターに質問すればいいのです。

でも、電話で契約まで行かないでくださいね。電話契約だと「インターネット割引」がなくなってしまいますから。

初心者でも難しいことはありませんので是非試してみてください。

通販型も代理店型も同格の保険事業

軽自動車の保険 新規

一括見積もりをしてみると、保険料の安い自動車保険はほとんどが通販型になることがわかります。

初めての場合は、「安いのは良いけれどもこんなに安くて大丈夫だろうか」という不安、疑問を感じるかもしれません。


でも心配は要りません。あの認可、監督が厳格な金融庁が"ダンピング"のような疑いのある自動車保険を見逃すわけがありません。

通販型が安くなのは、国が認めている明確な販売方法の違いがあるからです。


安くなる最も大きい理由は、「直接取引」を行うことにより代理店や支店など中間経費を省略していることです。

成績が良く手数料率の高い代理店だと代理店手数料はなんと保険料の20%ほどにもなるといいますので、この差は決定的です。

代理店型が5万円だとすると通販型は手数料分を省くだけで4万円になるという計算になります。


補償、事故対応、サービスなどの基本事項については、通販型も代理店型も金融庁認可の保険事業であるという点でまったく同格の保険事業です。

2005年以来保険金不払い問題が続きましたが、公表された自動車保険等の不払い件数のほとんどが代理店型大手損保各社のものでした。

このことで「安い通販は出し渋りの心配がある」などというコメントは全く根拠のないものであったことがわかると思います。


通販型であろうが代理店型であろうが問題があれば金融庁が放って置かないということです。

万人向けの任意保険は無い

軽自動車の任意保険は一人一人の加入条件により一番安くなるところが異なり、誰でも、どんな条件でも同じ保険会社が安くなるということはありません。

それだけ各社が様々な特色を打ち出して顧客獲得競争をしているということです。

加入者の具体的な条件で各社を比較することで初めてその人の最適の任に保険が判明するということです。

保険料の割引の例で見ても、ゴールド免許、走行距離、等級、安全装置、家族限定、低公害、長期優良割引、ネット申し込み、セカンドカー、イモライザー、安全ボディーなどなど、自動車保険の割引は実に多種多様で複雑です。

リスク細分でも「保険料は走るだけ」という会社もあれば「いくら走っても保険料は同じ」とアピールする会社もあります。

自動車保険各社はそれぞれお互いのターゲットが被らないように保険料割引の体系を設定して競争しています。

確かに商品の選択肢は広がっているのですが、それだけ私たちの保険選びは難しくなっているといえるでしょう。

自動車保険一括見積もりはこのような状況での保険選びにうってつけの無料サービスです。

割引の違いだけでなく、事故対応・故障対応や無料ロードサービスの違いなども、取り寄せられた一覧付きの見積もりで、じっくりとマイペースで比較することができます。

面談の営業のように、相手に気を使ったりバイアスをかけられることもありません。

<軽自動車こぼれ話>
機会があったら中古車展示場で軽の中古の値札を見てください。
「こんなクルマがこの値段?」と驚くような車があるはずです。
燃費がよく経済的な軽自動車は中古車でも需要が多いのです。
愛車を売る時はぜひ無料一括査定で各社の査定を比較してみてください。

●軽自動車任意保険 新加入のときこそ一括見積もりが必要

任意保険新規加入のときに最も役立ち、一目で相場の様子を知ることができるツールが一括見積もりです。

無料サービスである自動車保険一括見積もりは、一度の入力で複数の保険会社の見積もりを一覧付きで入手することができ、手元に見積り資料を置きながらで各社の保険料、補償内容、サービス内容などをマイペースで比較・検討することが可能です。

普通車の場合はもちろん、軽自動車の任意保険新規加入の場合も大変心強い味方になってくれます。

ビギナーが任意保険の相場を知りたい場合、ネットで行なえる自動車保険一括見積もりサービスが最適です。


軽自動車の任意保険は、年齢、居住地域、車種、クルマの使用目的、年間走行距離、運転免許の色、安全装置の有無など、一人一人の加入条件によって違ってきます。

また、各保険会社によって顧客ターゲットの設定が違うことから、例えば免許証の色であってもゴールド免許の割引をする所もあればと割引がないところもあるというように、割引やリスク細分の内容も会社によって同じではありません。

このような状況の中で、自分にピッタリの任意保険を見つけるためには、同じ加入条件でいくつもの保険会社から見積もりを取り寄せて比べてみることが欠かせなくなります。

でも、1社か2社ならまだしも、数多くの保険会社から見積もりを取るためには、膨大な時間と労力を要することになります。

このようなときが自動車保険一括見積もりサービスが大変役に立つのです。

複数の保険会社の見積もりを一度の入力作業だけで一覧付きで取り寄せることができ、自分の加入条件による各社の保険料、サービス内容などをマイペースでじっくりと比較・検討することができます。

また、一括見積もりのサイトでは、各社のロードサービスの詳細な比較、事故対応サービス利用者の体験談など口コミ情報も掲載されており、任意保険選びの参考になります。


このページの先頭へ

inserted by FC2 system